VPNの裏技はこちらで紹介 →CLICK!

VPNでインターネットに接続するメリット5選 【裏技的な使い方も紹介します!】

「VPN接続すると安全っていうけど、使う必要性がよくわからない!」

「VPN接続をつかった裏技があるって聞いたけど…?」

「そもそも、VPNって危ないイメージ…、安心して使いたい!」

セキュリティー意識の向上からインターネット通信の際にVPN接続を利用することが徐々に浸透していますが、具体的にどの様にVPN接続を利用すれば良いか悩んだりしていませんか。

そこで本記事では、便利かつ安全にVPNを利用するため、以下の点を紹介します。

  • VPN接続の使い道の紹介
  • VPN接続の裏技的な使い道の紹介
  • 安全なVPN業者を選ぶための注意点を解説

本記事を読むことでVPN接続を便利に使いこなすことができますよ。使い道がたくさんあるのでぜひ挑戦してみましょう。

目次

VPN接続とは?

VPNとはVirtual Private Networkの略称で、VPN接続することで個人を特定されずに通信内容も暗号化されインターネットにアクセスすることができます。このため、「悪意のあるハッカー」「個人情報取得をビジネスとする業者」に特定されずに通信が可能です。

VPN接続をすると何が変わる?

・VPNの暗号化アルゴリズムによって悪意のある第三者からトラフィックが保護されます

・実際のIPアドレス特定が不可能となり個人や地域の特定ができない

・海外サーバにVPN接続することでステルス的に海外のIPアドレスとして通信できる

・VPNプロバイダーの回線品質によって通信速度が左右される

VPN接続のイメージ

VPN接続の違法性

日本国内でVPN接続サービスを利用すること自体は法律違反にはあたりません。しかしながら、VPNを利用した「薬物の犯罪」「著作権侵害」「ウイルスの拡散」等の違法行為は禁止されおり処罰の対象になります。

特に注意が必要なのは、日本では著作権を侵害するファイルのダウンロードは法的に処罰される可能性があります。

VPNの使用を制限している国

海外でVPNの利用、特に中国、北朝鮮、ロシア、ベラルーシ、中東諸国では日本国内と政治情勢が異なりVPNが監視され利用を制限されています。渡航の際には十分に情報収集することをおすすめします。

VPN接続の使い道5選

FreeWiFi利用時のセキュリティー強化

街中で利用できるFreeWiFiはその利便性が高い反面、通信の傍受(ハッキング)が割と容易となっています。そのFreeWiFiのセキュリティー対策は次の3つの方法が考えられますが現在のところ最も安全とされているのはVPN接続になります。

FreeWiFi利用時のセキュリティー対策方法3選

1.httpsのサイトのみ閲覧する
⇨LAN内で暗号化がない場合でも、Webサイトサーバと端末間の通信が暗号化される

2.鍵マーク付きのWiFiを利用する
Wi-Fiルーターと端末間の通信が暗号化される

3.VPNを利用
VPNサーバと端末間で仮想的な専用ネットワークを作る
⇨複数のデバイスでVPN接続を行う場合はVPN対応のトラベルルーターがおすすめ
 【レビュー】GL-MT1300 フルスペックのVPN対応トラベルルーター

FreeWiFiのメリット・デメリット

FreeWiFiは通信容量を気にせず出先で通信可能なためとても便利です。しかしながら通信のセキュリティーを高めるために別途VPN接続をする必要があります。

VPN接続をするためにはVPNプロバイダーと契約するのが一般的ですが、無料でかつ安全にVPN接続をする方法として自宅VPNサーバーを利用する方法があります。

自宅VPNについてはこちらで解説してますのでぜひご覧ください。
自宅VPNサーバを構築するメリット・デメリット 【VPNネットワークの利用方法5選】

FreeWifiのメリット
  • 喫茶店等の特定の場所で無料で大容量通信が可能

  • 空港、バスや公共施設で無料で大容量通信が可能
  • FreeWifiのデメリット
  • FreeWifiが利用できる場所が限られる

  • 別途VPNプロバイダーと契約、あるいは、自宅VPNサーバを準備する必要がある
  • テザリングでデータ通信する選択肢

    近年ではスマホのテザリング機能ポケットWiFiが低額で利用できるようになりました。

    出先でノートパソコンを使う場合はスマホの機能の一つであるテザリング機能を使って自分専用の回線を利用するとセキュリティーは高くなります。

    また、ノートパソコンは使用する通信量が膨大になることが想定されるので、大容量のデータ通信プランの契約が必要となります。

    以下の記事で、外出先でノートパソコンをインターネット通信をするためのオススメのデータ通信プランについて解説しています。ぜひ、こちらもご覧ください。
    外出先でPCをインターネットに接続する方法 【楽天モバイルのテザリングがオススメ】

    海外へ渡航時の検閲対策

    VPN接続はIPアドレスのなりすましが可能であることを利用して、中国等の検閲が厳しい国で自由に海外のインターネット情報にアクセスするために利用されます。中国への渡航者は世界中から大勢いるので必然的に需要が多いです。

    中国国内では、日々の検閲の結果、IPアドレスとドメインの紐づけによるブロックが日常的にかかるためインターネットの自由がありません。このためVPN接続を用いて海外のサーバを経由して中国国外の情報を取るニーズがあります。

    VPN接続に対する規制に注意

    近年では、各国でVPN接続業者への規制が進んでいます。今まで利用できていたVPN接続が突然利用不可となる場合もあるので注意してください。

    近年、中国や中央アジア、中東各国の政治的な事情からインターネット検閲はさらに強化される方向です。

    海外のストリーミングサービスにアクセスする

    海外のIPアドレスとしてインターネットに接続することで海外ローカル限定のストリーミングサービスのコンテンツが利用できます。「Netflix」「Hulu」等のサービスを米国等の海外サーバーから接続することによって現地のコンテンツにアクセスできます。

    また、スポーツの放映権も放映権の契約、利権のしがらみは顕著です。日本では、DAZNやBS, CS放送で、世界中のスポーツの試合をライブで観戦できる環境にありますが、海外のローカルなスポーツの試合等日本で配信されていないコンテンツも多くあります。

    これらのコンテンツはVPN接続で海外のストリーミングサービスにアクセスすることで視聴することができます。
    【2021-22】DAZN(ダゾーン) VPN接続で海外版サッカー配信の視聴方法

    スタジオジブリ作品をNetflix(ネットフリックス)で視聴

    日本のNetflixではジブリ映画は配信されていませんが、2020年1月から日本、米国、カナダを除く約190ヵ国で配信し、2020年6月にはカナダでも配信がスタートしています。

    現在、日本国内でNetFlixを契約している場合、VPN接続して海外のサーバーからなりすましてNetFlixに接続することでジブリ映画を見ることができます。
    VPNを利用してネットフリックスでジブリ映画を見る方法

    格安でYouTubeプレミアムプラン契約

    GoogleのYouTubeサービスの会員サービスプレミアムプランは、各国でその会員費用のレートが異なり、日本より物価の安い国、例えばフィリピンやインド等で契約すると日本で契約するより節約になります。

    VPN接続を利用してフィリピンやインドのレートでYouTubeのプレミアムプランを契約が可能です。以下の記事で解説してるので参考にしていただいてぜひ試してください。
    VPNでYouTubeプレミアムを安く契約 【インド・アルゼンチンでの登録手順・違法性解説】

    VPN接続業者はノーロギングポリシー業者から選択

    VPNプロバイダーのポリシーとしてノーログVPNというものがあります。ノーログとはVPNでの利用履歴を残さないというもの。何らかの理由でVPNサーバーへのガサ入れが入ることを想定すると、ログが残っていないことが保証されていると安心です。

    VPNプロバイダーはノーログポリシーの業者から選定することをオススメします。一般的にノーログポリシーのプロバイダーはログの転売等で利益得ることを目的としていないため、その分、利用料金が高くなる傾向となります。

    スクロールできます
    特徴ExpressVPNNordVPNCyberGhostVPN
    管轄イギリス領バージン諸島パナマルーマニア
    ノーロギング
    Encryption256ビット256ビット256ビット
    プロトコルPPTP
    OpenVPN
    L2TP / IPsec
    OpenVPN
    IKEv2 / IPsec
    WireGuard
    OpenVPN
    IKEv2
    WireGuard
    サーバー5,400+5,500+6600+
    ヵ国945990
    接続
    1ヶ月契約$12.96
    1,366/月
    1256/月1,425円/月
    6ヶ月契約$9.99
    1,053/月
    1年契約$8.32
    877/月
    517/月425円/月
    2年契約390/月369円/月
    日本語対応アプリ
    訪問オンラインExpressVPN.comNordVPN.comcyberghostvpn.com

    現在おすすめは「NordVPN」

    今現在、最もおすすめするVPNプロバイダは低価格で高品質と定評のあるNordVPNです。30日間の料金返金保証の条件でVPNを体験できますのでこの機会にぜひ試してみてください。

    NordVPNをおすすめする9つの理由【2021年もっとも使い勝手の良いVPNサービス】

    \VPN認知月間開催中!今なら2年プランが69%割引/

    更に匿名性を高める方法

    ノーログポリシーのVPNプロバイダーを利用することで、格段にセキュリティーを高めることになりますが、さらに匿名性を重視する場合はVPN業者へ提供する個人情報の匿名性を高めることも考慮してください。

    以下の記事では、VPNへの支払いにおいて匿名性を高める方法を解説しています。
    匿名性の高いVPNサービスの決算方法 【Bitcoin(ビットコイン)で支払う理由3選】

    また、VPNプロバイダーと連絡を取り合うe-mailアドレスにおいてもログが残らない仕様のものを利用することでさらにセキュリティーを高めることができます。

    まとめ

    本記事では、VPN接続のさまざまな使い方を解説してきました。VPN接続はインターネット通信においてさまざまな利点があることを理解していただけたのではないでしょうか。

    ぜひ実際VPN接続を使ってみていろいろ試してみてください。

    まとめ(VPN接続の使い道5選)
  • FreeWi-Fi利用時のセキュリティー強化

  • 海外へ渡航時の検閲対策

  • 海外のストリーミングサービスコンテンツを視聴

  • スタジオジブリ作品をNetflix(ネットフリックス)で視聴

  • 格安でYouTubeプレミアムプラン契約
  • よかったらシェアしてね!
    目次
    閉じる