Free Wi-Fiのセキュリティー対策する3つの方法【VPNが一番安全】

Free Wi-Fiは危険っていうけど、使って大丈夫?

安全にFree Wi-Fiを使う方法は?

Free Wi-Fi以外のおすすめの通信方法は?

喫茶店や公共施設、ホテルなどで利用できるFree Wi-Fiは、利便性が高い反面、不特定多数が利用するため通信ログの傍受(ハッキング)のリスクが高いです。

Free Wi-Fi利用時のセキュリティー対策としていくつかの方法がありますが、その中でもVPNを使って通信内容を暗号化するのが、セキュリティー対策としてもっとも有効です。

本記事では、安全にFree Wi-Fiを利用するために、以下の点を解説します。

  • Free Wi-Fiのメリット・デメリット
  • Free Wi-Fiのセキュリティー対策方法
  • Free Wi-Fiの代替のインターネットを使う方法

この記事を読むことで、安全にFree Wi-Fiを使える様になります。ぜひ参考にしてください。

タップできる目次

Free Wi-Fiのメリット・デメリット

街中で利用できるFree Wi-Fiに接続することで、無料でノートパソコンやスマホ、ゲーム機などでインターネット接続できます。

その反面、「通信内容ののぞき見」「なりすましアクセスポイント」等の通信の傍受(ハッキング)の危険性があります。

Free Wi-Fiのメリット
Free Wi-Fiのデメリット
  • 無料でインターネットができる
  • 通信容量を気にせずインターネットができる
  • ホテルや喫茶店等の特定の場所での利用に限定
  • 自身でセキュリティー対策が必要

Free Wi-Fiのセキュリティー対策方法

Free Wi-Fiのセキュリティー対策は、次の3つの方法がありますが、VPN接続がもっともセキュリティーが高いとされています。

HTTPSのサイトを閲覧する

Webサーバーと端末間の通信が暗号化されるので、Free Wi-Fiでの通信内容を傍受されることはありません。ネットサーフィンするならhttpsのURLのサイトのみアクセスしてください。

個別認証方式のFree Wi-Fiを利用する

メールアドレスやSNSアカウントで認証するタイプのFree Wi-Fiは、同一ネットワークを利用する不特定のユーザーの端末感通信を禁止しているので通信の傍受はされにくい方式です。

端末間通信とは?

無線端末のみでネットワークを構成する技術を指しています。中央制御装置が不要で、通信端末は互いの通信範囲内に入ると、自動的にネットワークを形成して通信を行います。

引用元:NICT
個別認証方式Free Wi-Fiの例
新幹線車内無料Wi-FiサービスShinkansen Free Wi-Fi(東海道・山陽・九州新幹線)
JR-EAST FREE Wi-Fi(北陸新幹線 E7系)
JR-WEST FREE Wi-Fi(北陸新幹線 W7系)

VPN接続してFree Wi-Fiを使う

Free Wi-Fi利用時に、スマホやPCの端末とVPNサーバ間で仮想的な専用ネットワークを作り、通信情報を守ります。信頼できるVPNサービスを利用すれば、理論上、通信情報を傍受されることはありません。

VPNの詳しい説明は以下の記事を参照してください。VPNを利用すると、Free Wi-Fiのセキュリティー対策以外にもさまざまな使い道があるので、ぜひご活用ください。

複数のデバイスでVPN接続を共有する方法

VPN対応のトラベルルーターをFree Wi-Fiのアクセスポイントとして使うことで、複数のデバイスでVPN接続できます。ホテル内のFree Wi-Fiで長時間インターネット接続をする場合に特におすすめです。

今購入できるトラベルルーターの機種比較を以下の記事で解説しているので、ぜひご覧ください。

自宅VPNサーバーでVPN接続する方法

VPN接続をするためにはVPNプロバイダの提供するVPNサービスを使うのが一般的ですが、無料でかつ安全な方法として、自身でVPNサーバーを立てることもできます。

自宅VPNを構築する方法はこちらで解説してますので、ぜひご覧ください。

Free Wi-Fi以外の外出先で通信する方法

有料になりますが、Free Wi-Fiよりも格段にセキュリティーの高い通信方法として「テザリング」「モバイルWi-Fiルーター」は、自分専用の回線で通信するのでセキュリティーが高いです。

スマホのテザリング機能を使う

テザリングは、スマートフォンをWi-Fiのアクセスポイントにする機能です。4G、5Gの通信エリアは広く、全国どこでも使えるのが最大のメリットです。

テザリングのメリット
テザリングのデメリット
  • 4G, 5Gが繋がればどこでも使える
  • 追加の通信契約が不要
  • 追加のデバイス購入が不要
  • 自宅のインターネットに利用できる
  • 大容量通信プランの契約が必須
  • 大容量バッテリー搭載スマホが必須

テザリングにおすすめの通信プラン比較

テザリングを使うにはスマートフォンの大容量通信プランの契約が必要。テザリング利用におすすめの、通信容量20GB/月以上の通信プランの一覧は以下の通りです。

頻繁に外出先でノートパソコンを使ってデータ通信をすると、簡単に通信容量20GBを超過します。頻繁にテザリングを使うなら、楽天モバイルの通信エリアに限定されますが、Rakuten UN-LIMIT VIIが無制限で使えるのでおすすめ。

スクロールできます
サービス名通信容量最大通信速度料金通信回線
楽天モバイルエリア内:無制限
エリア外:5GB/月
150Mbps20GB以上 3,278円
3-20GB 2,178円
0-3GB 1,078円
エリア内:楽天モバイル
エリア外:KDDI
ahamo20GB/月2,970円NTTドコモ
IIJmio20GB/月2,068円NTTドコモ
povo20GB/月2,728円KDDI
mineo
20GBプラン
20GB/月2,178円KDDI
LINEMO20GB/月2,728円ソフトバンク
通信容量20GB以上の通信サービス

モバイルWi-Fiルーターを使う

スマートフォンの通信料金の高い時代に主流だった方法です。通信エリアが限定されませんが、追加契約と専用デバイスが必要となるのが欠点です。自宅用データ通信に使えるのもポイントです。

モバイルWi-Fiのメリット
モバイルWi-Fiのデメリット
  • エリアが限定されない
  • テザリングより大容量プランが割安
  • 自宅のインターネットに利用できる
  • スマホとは別の通信契約が必要
  • 別途、ルーターが必要
スクロールできます
サービス名通信容量下り最大通信速度料金通信回線
Mugen WiFi100GB/月150Mbps3,718円クラウドSIM
それがだいじWiFi30GB/月
100GB/月
150Mbps
150Mbps
2,585円
3,267円
ソフトバンク
ソフトバンク
ZEUS WiFi20GB/月
40GB/月
100GB/月
150Mbps
150Mbps
150Mbps
2,178円
2,948円
3,828円
クラウドSIM
クラウドSIM
クラウドSIM
通信容量20GB以上のモバイルWi-Fiルーター

まとめ

この記事では、安全に外出先でインターネットを使う方法を解説しました。

Free Wi-Fiはエリアに限定されますがVPNを組み合わせることで、安価で安全にインターネットを使えます。エリアを限定せずインターネットを使うには、スマホのテザリング機能がおすすめです。

以下の記事では、今人気のVPNサービス「NordVPN」「MillenVPN」「ExpressVPN」を用途別に比較しています。ぜひ、この記事を参考にVPNサービスを選んでください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事をSNSでシェアしてね!
タップできる目次