VPNで月額料金が安くなるサブスク5選【節約できない事例も紹介】

VPNでサブスク料金を節約できるって聞いたけど!本当?

VPNを使って節約できるサブスクサービスを教えて!

そもそも、VPNって危ないイメージ…、安心して使いたい!

近年インターネットでのセキュリティー意識の向上からVPN接続の利用が徐々に浸透していますが、実はVPNで海外のサーバーに接続することでYouTubeプレミアムやNetflixなどのサブスクリプションサービス料金を節約することができます。

そこで本記事では、VPNを使ってサブスク料金を節約するため、以下の点を解説します。

  • サブスクリプションサービスを節約するしくみ
  • 料金を節約できるサブスクとできないサブスクの紹介
  • VPNプロバイダを選ぶ際の注意点

この記事を読むことで、VPNを使ってサブスクリプションサービスの節約ができますよ。節約にならないサブスクも紹介するので、ぜひ、参考にしてみてください。

タップできる目次

VPNとは?サブスクを節約するしくみ

世界共通アカウントのサブスクリプションサービスはアクセスしたIPアドレスから自動的にユーザーの地域が判定され、その地域の料金で契約となります。したがって、VPN接続で料金の安い地域からアクセスすることで月額料金を節約できます。

VPN(仮想プライベートネットワーク)とは?

「VPNって何?」という方は以下の記事を参照してください。VPNを利用すると、サブスクリプションサービスの料金節約以外にもさまざまな使い道があるので、ぜひご活用ください。

VPN接続の違法性|日本では合法

日本国内でVPN接続サービスの利用は合法であり、法律違反ではありません。

しかしながら、VPNを利用した「薬物の犯罪」「著作権侵害」「ウイルスの拡散」これらは違法行為として禁止されおり、処罰の対象になります。

日本では著作権を侵害するファイルのダウンロードは違法です。違法ダウンロードは法的に処罰される可能性があるので絶対にやらないでください。

VPNの違法性については、以下の記事で詳しく解説してます。

VPNでお得になるサブスク5選

以下のサブスクリプションサービスはアカウントが世界共通でかつ日本と海外の料金に差があるためVPNを利用することで安い料金で利用できます。

YouTubeプレミアム

世界最大の無料動画共有サイトYouTubeの有料メンバーシップ「YouTubeプレミアム」は、各国で月額料金が異なります。

VPNを利用すると日本より物価の安い国、アルゼンチンやインド、フィリピンなどで契約すると日本での契約より安くなります。詳しくは以下の記事で解説しています。

Canva Pro

CanvaはブログやInstagram, YouTubeなどのコンテンツ作成のために必須のオンライン使えるグラフィックデザインツールですが、Canva Proはその有料版。インドで契約することで日本より安くなります。詳しくは以下の記事で解説しています。

Netflix

VPNでトルコに接続してNetflixを契約することで安くなりますが、現在トルコでは日本のクレジットカードは利用できないためプリペードカードで支払いが必要となり少し難易度が高めです。詳しくは以下の記事で解説しています。

Spotify

VPNでブラジルに接続してプレミアムプランを契約することで安くなりますが、Netflixと同じく海外版のSpotifyでは日本発行のクレジットカードは利用できないためプリペードカードで支払いが必要となり難易度が高めです。詳しくは以下の記事で解説しています。

Microsoft365

Microsoft365は米国のMicrosoft社が提供するOfficeツールです。学生や社会人に必須ツールのWord、Excel、PowerPointに加えて、多彩で高度なデバイスセキュリティまでテレワーク環境を整えるために必要なすべての機能を提供する有料メンバーシップとなります。

インドで契約することで日本より年額5,500円安くなります。詳しくは以下の記事で解説しています。

VPNでお得にならないサブスク

Apple Music

海外でApple Musicを契約するにはその国で利用設定してあるApple IDと紐づく必要があるので、別のApple IDを作る必要がありID管理が複雑になるためオススメしません。

参考に日本とインドのサブスク料金比較は以下の通りです。

プラン日本インド
個人プラン980円/月額99ルピー/月額
(約150円)
ファミリープラン1,480円/月額149ルピー/月額
(約225円)

Adobe Creative Cloud(Adobe CC)

AdobeCCは日本と海外の料金差はないためVPNで節約はできません。

プラン日本インド
Adobe CC3,960円/月額3,193.08ルピー/月額
(約4,853円)
Adobe CC日本での月額料金
Adobe CCインドでの月額料金

VPNプロバイダの選び方

VPNプロバイダーのポリシーとしてノーログVPNというものがあります。ノーログとはVPNでの利用履歴を残さないというもの。何らかの理由でVPNサーバーへのガサ入れが入ることを想定すると、ログが残っていないことが保証されていると安心です。

VPNプロバイダーはノーログポリシーの業者から選定することをオススメします。一般的にノーログポリシーのプロバイダーはログの転売等で利益得ることを目的としていないため、その分、利用料金が高くなる傾向となります。

本サイトでおすすめしているノーログのVPNサービスはこの3つ

スクロールできます
NordVPN
詳しくはこちら
CyberGhostVPN
詳しくはこちら
Surfshark
詳しくはこちら
管轄パナマルーマニア英領ヴァージン諸島
ノーロギング対応対応対応
暗号化規格AES-256-GCMAES-256AES-256-GCM
暗号化プロトコルOpenVPN
IKEv2 / IPsec
WireGuard
OpenVPN
IKEv2
WireGuard
OpenVPN
IKEv2 / IPsec
WireGuard
サーバー数5,500+8,800+3,200+
対象国数589165
同時接続無制限
1ヶ月契約1,380円/月1,480円/月1,659円/月
1年契約570円/月495円/月519円/月
2年契約460円/月375円/月319円/月
3年契約260円/月
日本語対応アプリ
公式サイト

無料VPNの利用は非推奨

VPN接続サービスの中には無料で提供されているものが存在しますが、無料VPNサービスは主に個人情報と通信ログの収集によって収益を得ています。無料VPNの利用は控え、有料のノーログポリシーのVPNサービスを利用することを強く推奨します。

無料VPNのリスクについては、以下の記事で詳しく解説しているのでぜひご覧ください。

無料VPNサービス利用のリスク
  • ユーザーの行動を追跡している可能性がある【個人情報の収集】
  • ユーザーの活動情報を広告主に送信している【通信ログの収集】
  • 不透明な運営元による個人情報の漏洩
  • 通信の暗号化技術が低くセキュリティが貧弱

まとめ

本記事では、VPN接続を利用して格安でサブスクリプションサービスを申し込む手順を解説してきました。VPNの理屈がわかれば誰でも簡単に実践できるので、ぜひ試してみてください。

2023年おすすめのVPNプロバイダー

VPNを利用して確実に海外サイトにアクセスするにはVPNプロバイダの選び方が重要となります。本サイトでは2023年もっとも信頼性が高く、安心の30日間返金保証付きのVPNプロバイダ「NordVPN」をおすすめしています。

\新春セール開催中!今だけ59%オフ/

<安心の30日間返金保証付き>

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事をSNSでシェアしてね!
タップできる目次