GL-XE300(Puli)レビュー 【VPN対応ポータブル4Gルーター】

「モバイル用SIMが使えるVPNルーターがほしい!」

「おすすめのVPN機能付きモバイルルーターを教えて!」

「新製品GL-XE300(Puli)の設定方法を教えて?」

2021年7月に新型4G・LTEゲートウェイ対応VPNルーターGL-XE300(Puli)がGL.iNetから発売されました。本製品はGL-MiFiの後継機となります。

GL.iNet製ポータブル4GルーターはOSにLinuxベースのオープンソース「OpenWrt」を採用し、拡張性に優れ自由度があるルーターとして人気の高いシリーズです。

本記事では、今現在もっとも高性能VPN対応トラベルルーター「GL-XE300(Puli)」について、以下の点を紹介します。

  • VPN対応ポータブル4Gルーターについて解説
  • 「GL-XE300」の仕様紹介・過去のモデルとの比較
  • 「GL-XE300」の設定手順を解説

本記事を読むことで、VPN対応トラベルルーター「GL-XE300(Puli)」を使いこなせるようになります。購入を考えている場合もぜひこの記事を参考にしてください。

VPN対応トラベルルーター(モバイルWi-Fiルーター)をお探しの方はこちらの記事がオススメ

目次

VPN対応ポータブル4Gルーターとは

VPN対応ポータブル4GルーターとはVPN接続が可能なモバイル回線(4G)のWi-Fiルーターです。モバイルルーターの機能に追加して、事前に登録したVPNに自動でネットワーク接続する機能が備わっています。

VPN対応ルーターを利用することで、世界中のサーバーとVPNを構築してどこからでも自宅や会社の特定のネットワークに安全にアクセスしたり、海外のVPNサーバーとネットワーク接続して検閲を回避し、複数のデバイスでインターネットができます。

検閲の厳しい中国などへの渡航時は、インターネットの規制によってLINEやGoogleアプリの利用が制限されます。規制を回避するにVPNが利用されます。

VPN対応ポータブル4Gルーターの用途

  • 屋外で4G回線をVPN接続の無線LANとして分配する
  • 公共Wi-FiをVPN接続の中継機として無線LANを分配する
  • スマートフォンとUSB接続をしてテザリングする

公共のインターネットを利用する際のセキュリティー対策として「VPN対応トラベルルーター」が通常使われていますが「VPN対応ポータブル4Gルーター」も同等の機能が使えます。
VPN対応ポータブル4Gルーター」は「VPN対応トラベルルーター」にSIMスロットが付随したものです。

GL-XE300 製品レビュー

GL-XE300と旧機種の比較

旧機種の「GL-MiFi」に対して次の通り仕様がアップグレードされ順当に進化しています。

特に、GL-XE300は通信方式は最新のIP6vに対応したことで安定して複数台同時にデータ通信可能です。また、電源ポートがUSB Type-Cになり、将来末長く利用できる端末となりました。

スクロールできます
仕様GL-XE300C4(Puli)GL-MiFi
重量260g170g
サイズ120 x 74 x 27mm105 x 72 x 27mm
モバイル通信
ゲートウェイ
4G
(Nano SIM)
4G
(Micro SIM)
インターネット
プロトコル
IPv6IPv4
Wi-Fiプロトコル2.4GHz
(802.11 b/g/n)
2.4GHz
(802.11 b/g/n)
電源ポート
Power port
USB Type-Cmicro USB Type-B
CPUQCA9531
650MHz
AR9331
400MHz
メモリ RAMDDR2 128MBDDR2 64MB
FLASH16MB NOR
128MB NAND
16MB NOR
WAN端子100BASE-TX
10BASE-T
100BASE-TX
10BASE-T
LAN端子100BASE-TX
10BASE-T
100BASE-TX
10BASE-T
バッテリー5,000mAh5,000mAh
技適番号R210-164807なし
(日本で正規販売なし)
メーカーGL.iNetGL.iNet
GL-XE300と旧機種GL-MiFiの比較

GL-XE300の特徴

GL-XE300の製品概要はYouTubeでメーカーオフィシャル動画を参考にしてください。

GL-XE300の主な特徴は大きく次の通りです。一つ一つ解説していきます。

GL-XE300の特徴

・モバイルルーター機能
リピーターモード(中継機モード)
USBテザリング機能付き
・有線LAN⇨無線ルーター(アクセスポイント化)
・各国の検閲をシームレスで回避

モバイルルーター機能

モバイル通信SIM(NanoSIM)スロットを搭載し4G回線が利用できます。対応バンドは以下の通り、日本で使われるバンドはすべてカバーしています。

LTE-FDD: B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B12/B13/B18/ B19/B20/B25/B26/B28
LTE-TDD: B38/B39/B40/B41
WCDMA: B1/B2/B4/B5/B6/B8/B19

国内キャリアのLTE-FDDバンド一覧

ドコモ:B1/B3/B19/B21
AU:B1/B11/B18/B26
ソフトバンク:B1/B3/B8
楽天モバイル:B3/B18/B26 (B18/B26はauとのパートナーエリアの対応バンド)

リピーターモード(中継機モード)

自宅や公共の無線Wi-FiをWANとし、VPNサーバー経由し中継機として無線Wi-Fiや有線LANポートから出力できます。

USBテザリング機能付き

スマホと本機を接続してUSBテザリングが可能です。無線Wi-Fiや有線LANポートから出力できます。

無線ルーター(アクセスポイント)機能

ホテル等で利用できる有線ネットワークをWANポートに入力して、無線Wi-Fiとして出力できます。

シームレスに検閲を回避

あらかじめGL-XE300に設定したVPNへ自動的に接続するので、検閲がかかっている場合もシームレスにインターネット利用ができます。

検閲を回避できるかどうかは契約しているVPNプロバイダ次第です。VPNプロバイダのVPNサービスは突然規制がかかる場合があります。
海外の通信規制のリスクを回避するには、自身で設定した自宅VPNサーバに接続するのがおすすめです。
自宅VPNサーバの構築の方法は以下を参考にしてください。
自宅VPNサーバの構築方法3選 【国内VPNサーバ接続する有力候補】

GL-XE300で出来ないこと

eSIM非対応

スマートフォンなどのモバイル機は徐々にeSIMが主流になっていますが本機種は非対応となります。物理SIM(Nano sim)での運用に限定されます。

5GHz帯のWi-Fi非対応

本機種のWi-Fiプロトコルは2.4GHzのみ対応です。5GHzに対応していないので注意しましょう。

2.4GHzの特徴

無線LANに限らず様々な家電製品で利用されているため、他の機器との干渉を受けやすく速度低下を起こしやすいデメリットがあります。GL-XE300を自宅でWi-Fiルーターとして使う場合は注意してください。

GL-XE300の設定手順

STEP
GL-XE300とPCを接続

GL-XE300のLANポートとPCをLANケーブルで接続します。

GL-XE300とPCをWi-Fi経由で接続する場合はケーブルの接続は不要です。

STEP
PCからGL-XE300にアクセス

PCから次のWi-Fiに接続した状態で、ウェブブラウザから「http://192.168.8.1/」にアクセスしてログインします。

SSID : GL-XE300-XXX
password : goodlife

STEP
Admin Panelから詳細設定

ログイン後にAdminPanelが表示されますので言語設定を日本語にしてください。

AdminPanelからVPN設定モバイルSIMのAPNなどの設定を行い完了となります。

OpenVPN構成ファイルについて

接続したいVPNサーバーのロケーションごとに設定が必要です。海外から日本版のコンテンツにアクセスしたい場合は日本のサーバーの構成ファイルを設定しください。

まとめ

この記事では現在もっとも高機能なVPN対応ポータブル4Gルーター「GL-XE300」について解説してきました。旧機種に対して最新のインターネットプロトコルIPv6対応や電源ポートのUSB Type-C化など、順当に仕様がアップグレードし先長く使えるデバイスに進化しました。

VPN対応ポータブル4Gルーターを購入検討さている場合は、ぜひこの記事を参考にしてください。

GL-XE300を選ぶべき人は

・4G回線でVPN機能の付いたモバイルルーターを利用したい
・ホテルなどの外出先で複数のデバイスで同時にインターネットを利用したい
・検閲の厳しい国に渡航する予定がある

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる