VPNの裏技はこちらで紹介 →CLICK!

Android(アンドロイド)端末でiCloudを使う方法とメリットの解説

最近はiPhoneとAndroidの両方のスマホを持つ人が増えていますが、iPhoneで取った写真データをiCloud上に保存してアンドロイド端末からでもアクセスすることができます。

この記事ではアンドロイド端末からAppleの提供する社のオンラインストレージサービス「iCloud」を使う方法を解説します。

iCloudはMac、iPhone、iPad等のApple社製から利用するのが一般的ですが、この方法を使うことによってさまざまな端末からしてiCloudを使うことができます。

この記事を参考にして頂くことでアンドロイド端末からでもiCloudのさまざまな便利な機能を利用できるようになります。ぜひ試してみてください。

この記事を読んでわかること
  1. アンドロイド端末でiCloudを使うメリット
  2. アンドロイド端末でiCloudを使う方法
目次

iCloudへのアクセス方法

アンドロイド端末のchromeブラウザーからiCloudにアクセスします。(https://www.icloud.com/)

それから、iCloudにログインすると「写真」「iCloud Drive」「メモ」「iPhoneを探す」のアイコンが表示されます。

アンドロイド端末でiCloudを使うメリット3選

2020年3月以前は、アンドロイド端末からアクセスできるモバイル版のiCloud.comは、PWAとして「iPhoneを探す」のみしか利用できませんでした。

PWA(Progressive Web Apps) : ネイティブアプリの様に使えるウェブアプリ
ホーム画面にアイコン配置することで通常のアプリと同様に利用できる

その後のアップデートによって、iCloud上の「写真」「メモ」「iCloud Drive」にアクセスすることができるようになりました。

iPhoneを探すことが可能

iPhoneを紛失したときにiCloudを使うことでiPhone端末を探すことができますが、その機能をアンドロイド端末から使うことが可能です。モバイル端末からこの機能が使えるメリットは大きいです。

また、保有のApple製品を選択することで「サウンドを再生」や「iPhoneを消去」等の機能もアンドロイド端末から操作することができます。

ストレージへのアクセスが可能

iCloud.comのメニューにある「iCloud Drive」から、クラウド上に保存してあるデータファイルにアクセスできます。これらのファイルはアンドロイド端末にダウンロードすることも可能です。

この機能を使うことで、WindowsやMac等の端末から同じファイルを編集することが可能になります。

iCloud上の写真へアクセスが可能

iCloud.comのメニューにある「写真」から、クラウド上に保存してある写真データにアクセスできます。これらの写真データはアンドロイド端末にダウンロードしたり送付したりすることも可能です。

まとめ

本記事ではアンドロイド端末からiCloudへのアクセス方法と利用方法を解説していきました。この機能を使うことで、iCloudのオンラインストレージをアンドロイド端末やWindowsPCからでもアクセスが可能となります。

iCloudを利用している場合はぜひ活用してみてください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる