本サイトはアフィリエイト広告を利用しています

【2024最新版】日本からPeacockでインディ500の視聴方法

日本から手軽にインディ500を観戦したい!

Peacockで見れる…?詳しく教えて…!

インディ500におすすめのVPNプロバイダを教えて!

インディアナポリス500(通称、インディ500)は、毎年5月最終日曜日に行われる、米国を代表する自動車レースです。

通常、国内でインディ500を視聴するには、スカパー!を通じて有料専門チャンネルの契約が必要。

そこで今回は、代替手段として米国のストリーミングサービス「Peacock」を利用して、VPN経由でインディ500を視聴する方法を解説します。

この記事を読むことで、わずか$4.99のサブスクリプション料金でインディ500を手軽に視聴できます。ぜひ、最後までご覧ください。

タップできる目次

Peacockとは|米国のストリーミングサービス

Peacockは、NBCUniversalグループが運営するストリーミングサービスです。2020年にローンチされ、NBCUniversalの多様なコンテンツライブラリーを配信しています。

NBCUniversalとは

米国の大手メディアおよびエンターテイメント会社で、テレビネットワーク、映画スタジオ、テーマパークなどを運営しています。

日本のテーマパーク ユニバーサル・スタジオ・ジャパンも、NBCUniversalのグループ企業が運営しています。

Peacockの料金プラン

Peacockでは「Premium」「Premium Plus」の、2つのプランを用意しています。

スクロールできます
プランPremiumPremium Plus
月払い$4.99
(約650円)
$9.99
(約1300円)
年払い$49.99
(約6,500円)
$99.99
(約13,000円)
広告付きなし
オフライン視聴
Peacockの料金プラン

Peacockのメリット・デメリット

通常日本でインディ500を配信するGAORA SPORTSとの、メリット・デメリット比較は次の通りです。

Peacockのレース実況は英語のみですが、安価で豊富なコンテンツを提供します。

スクロールできます
PeacockGAORA SPORTS
月間プラン料金$4.99〜
(約650円)
1,749円〜
(1,320円+スカパー!基本料金429円)
年間プラン料金$49.99〜
(約6,500円)
放送・配信インターネット配信インターネット配信
CS放送
実況英語のみ日本語のみ
配信コンテンツ80,000時間以上のTV、映画、スポーツ

映画、オリジナル作品

スポーツライブ

50以上のチャンネル
スポーツ全般
(野球、テニス、プロレス、モータースポーツ、ゴルフ)
PeacockとGAORA SPORTSの比較

Peacock配信の対象国

現在のところ、以下の国でPeacockを利用できます。

  • 米国
  • 英国
  • アイルランド
  • ドイツ
  • オーストリア
  • スイス
  • イタリア

目次に戻る

VPNでPeacockにアクセスするしくみ

Peacockを日本から利用するには、VPN接続というネットワーク技術を使用します。この技術を使うと、ユーザーが日本からアクセスしている事実を隠し、代わりに海外のIPアドレス経由でPeacockに接続することができます。

具体的には、日本から米国のVPNサーバに接続した状態でPeacockにアクセスすることで、通常日本からはアクセスできないPeacockを利用できます。

VPN(仮想プライベートネットワーク)とは?

「VPNって何?」という方は以下の記事を参照してください。VPNを利用すると、Peacockの視聴以外にもさまざまな使い道があるので、ぜひご活用ください。

VPN接続の違法性|日本では合法

日本国内でVPN接続サービスの利用は合法であり、法律違反ではありません。

しかしながら、VPNを利用した「薬物の犯罪」「著作権侵害」「ウイルスの拡散」これらは違法行為として禁止されており、処罰の対象になります。

日本では著作権を侵害するファイルのダウンロードは違法です。違法ダウンロードは法的に処罰される可能性があるので絶対にやらないでください。

VPNの違法性については、以下の記事で詳しく解説してます。

無料VPNの利用は非推奨

VPN接続サービスには無料で利用できるものがありますが、個人情報漏洩のリスクが高いためおすすめしません。以下の記事で、無料VPNサービスについて詳しく解説しているので、ぜひご覧ください。

無料VPNサービス利用のリスク
  • ユーザーの行動を追跡している可能性がある【個人情報の収集】
  • ユーザーの活動情報を広告主に送信している【通信ログの収集】
  • 不透明な運営元による個人情報の漏洩
  • 通信の暗号化技術が低くセキュリティが貧弱

目次に戻る

Peacockでインディ500の視聴手順

この記事では、コスパ最強の人気VPNサービス を利用して、日本から米国のVPNサーバー経由でPeacockにアクセスする手順を解説します。

STEP

VPNサービス「NordVPN」を契約する

NordVPN公式サイトから、VPNサービスを申し込みます。

\12周年キャンペーン実施中!今なら66%オフ/

<安心の30日間返金保証付き>

STEP

米国のVPNサーバーに接続する

NordVPNの提供するアプリを利用して、米国のVPNサーバーに接続します。

NordVPNアプリのインストールはこちら

STEP

Peacockにアクセスする

引用元:PeacockTV
引用元:PeacockTV

米国のVPNサーバーに接続した状態でPeacockの公式サイトにアクセスし、「Pick a Plan」をクリックして、プランを選びアカウント登録に進みます。

STEP

Peacockアカウントを登録する

以下の通り、Peacockのアカウントを登録して、サブスク契約することでPeacockを利用できます。

引用元:PeacockTV
Email
Eメールアドレスを入力
Password
パスワードを入力
First name
名前をローマ字で入力
Last name
苗字をローマ字で入力
Birth Year
誕生年を入力
Gender
Man / Woman / Non-binary / Prefer not to sayから選択
Zip Code
米国の郵便番号を入力
例)90011 (ロサンゼルス)
STEP

VPN接続を解除する

Peacockの利用後は、米国へのVPN接続を解除して通常のインターネット環境に戻してください。

目次に戻る

米国へのVPN接続におすすめのサービス

このサイトでおすすめするVPNサービスは「NordVPN」「ExpressVPN」「Millen VPN」「CyberGhostVPN」です。VPN選びに迷ったら、この4つのVPNサービスから選んでくださいね。

スクロールできます
管轄パナマ英領ヴァージン諸島日本ルーマニア
ノーロギング対応対応対応対応
暗号化規格AES-256-GCMAES-256-GCMAES-256AES-256
暗号化プロトコルOpenVPN
IKEv2 / IPsec
WireGuard
OpenVPN
IKEv2
L2TP/IPsec
Lightway
OpenVPN
IKEv2
OpenVPN
IKEv2
WireGuard
サーバー数5,500台+3,000台+1,300台+9,773台+
対象国数58944991
同時接続510
1ヶ月契約1,970円/月1,946円/月1,496円/月1,790円/月
6ヶ月契約1,501円/月1,000円/月
1年契約750円/月1,002円/月594円/月
2年契約510円/月396円/月320円/月
日本語対応アプリ

NordVPN|国内外でオールマイティに使える

低価格で安定したVPNを提供するオールラウンダー型のVPN。

世界中のNetflixやAmazon Prime videoにアクセス可能、エリア制限が最も厳しい海外版DAZNも視聴できます。

中国や中東などの厳しい検閲には難読化サーバーで対応し渡航時にも最適です。

ExpressVPN|海外どこでも使える高速VPN

老舗VPNプロバイダ。VPN接続時の通信速度を重視するならExpressVPNがおすすめ。

VPNサーバーの提供エリアが広く、海外へのVPN接続にはこれを利用すれば間違いなし。海外で人気ナンバー1のサービスです。

2年プランの設定がないため月額料金は高め。

Millen VPN|安心の日本企業運営

国産最大手のVPNプロバイダ。2022年8月に価格改定して、海外のプロバイダと引けを取らない価格設定となりました。

最大のメリットは日本語対応のアフターサービス。海外から日本のインターネットにアクセスに最適のプロバイダです。中国での利用もサポートされています。

海外のプロバイダと比較して、VPNサーバの提供国が少ないのが唯一の欠点。

CyberGhost VPN|Netflixに特化

CyberGhost VPNは2011年設立のルーマニアに拠点を置く老舗VPNプロバイダーです。

ストリーミング専用サーバーの提供や専用IPの利用オプションなどの独自サービスが充実しており、Netflix、Amazon prime video、Disney+などのストリーミング視聴に最適なVPNです。

目次に戻る

第107回インディ500のスケジュール

今年度のインディ500も通常通り、5月の最終週に開催されます。

予選、決勝レースのスケジュール

スクロールできます
日にち時間セッション
5月20日(土)24:00-31:00予選1
5月21日(日)27:00-28:00予選-トップ12
5月21日(日)29:00-31:00予選-ラストチャンス&ファスト6
5月28日(日)24:00-決勝レース

目次に戻る

Q&A|よくある質問と回答

インディ500をリアルタイムで視聴できなかった場合、Peacockで見逃し視聴できる?

Peacock Premiumには再視聴機能が付いています。レースが終了後、いつでも視聴できます。

Peacockで他のスポーツも視聴できますか?

PeacockはNBC Universalの提供するサービスのため、米国の主要スポーツイベントを多くを配信します。スポーツの他に、映画やテレビシリーズも視聴できます。

VPN接続でインターネット速度は遅くなる?

VPNは暗号化したデータを共用の回線を利用して通信するため、通常より通信速度は低下します。

VPNの影響を軽減する方法として地理的に近くのVPNサーバーに接続することや十分な容量のサーバーを利用があります。

Peacockのサブスク料金の支払い方法は?

Peacockの料金はクレジットカードまたはPayPalを通じて支払います。ただし、地域制限があるため、VPNで米国のサーバーに接続した状態でアカウント登録と料金支払いが必要です。

目次に戻る

まとめ

本記事では、VPNを利用して日本からPeacockでインディ500を見る方法を解説しました。

地域制限が施されたサイトへのアクセスは、制限のない地域のVPNサーバーを経由することで、かんたんにアクセスできます。ぜひ、試してみてください。

地域制限の解除は、VPNプロバイダの選び方が重要です。本サイトでは近年もっとも人気のあるVPNプロバイダ「NordVPN」を推奨しています。さらに、NordVPNは返金保証も付いているため、安心してご利用いただけます。

\12周年キャンペーン実施中!今なら66%オフ/

<安心の30日間返金保証付き>

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事をSNSでシェアしてね!

この記事の監修者

・在宅勤務のアラフォー会社員
・24時間VPN接続してます!
【趣味・得意分野】
⇨ブログ、文章を書くのが好き!
⇨本職はテック分野(AI、通信)

タップできる目次