本サイトはアフィリエイト広告を利用しています

プロキシ『Shadowsocks』とVPNの比較分析【機能と違いを解説】

ネットワークのセキュリティとアクセス制限の回避は、情報化社会での重要な課題であり、一つの解決方法としてプロキシ技術を利用した「Shadowsocks(シャドーソックス)」が注目されています。

中国国内では2017-2018年に行われた大規模なVPN規制を受けて、Shadowsocksのしくみが注目されました。次いで2019年からShadowsocksの規制も本格的に始まりました。

本記事では、ShadowsocksやVPNを利用して、ネット通信を安全かつ快適に利用するため、以下の点を解説します。

  • Shadowsocksの概要
  • VPNとShadowsocksの比較
  • ShadowsocksとVPNの選択方法

この記事を読むことで、ShadowsocksとVPNを使い分けることができます。ぜひ、最後までご覧ください。

タップできる目次

Shadowsocksとは|歴史と開発背景

Shadowsocksは、2012年に中国人のプログラマー「Clowwindy」によって開発されたSocks5をベースとしたプロキシです。

中国のインターネット規制「グレート・ファイアウォール」の回避ツールとして設計され、現在では世界中のユーザーに広く利用されるようになりました。

Shadowsocksは現在でもオープンソースで公開されており、透明性の高い開発が行われています。

目次に戻る

Shadowsocksの機能と特性

Shadowsocksは大きく次の4つの機能特性が特徴です。

セキュリティ|暗号化とプライバシーの保護

Shadowsocksは、高度な暗号化技術を用いて、ユーザーのプライバシーを保護します。特に、Socks5プロトコルを使用して通信を行い、データの送受信を保護します。

アクセス制限の回避|検閲と規制の対策

Shadowsocksは、中国の強力なインターネット規制「グレート・ファイアウォール」を回避する目的で開発され、トラフィック制限を巧妙に避ける機能を重視しています。

これは、HTTPSを用いて通信トラフィックを変装し、検閲措置をうまく突破することを可能にします。

VPNは、サーバー上のトラフィックを完全に隠蔽するために、多層の軍事レベルの暗号化プロトコルを採用しています。それとは対照的に、Shadowsocksはデータを「空白」に変換し、HTTPSトラフィックと見分けがつかないようにすることで、制限を受けずに自由に通信を行うことが可能です。

高速データ通信|トラフィックのルーティング

ShadowsocksはSOCKS5プロキシを活用していますが、VPNと異なり、全てのトラフィックをサーバーを介して転送するわけではありません。

さらに、一般的なSSH SOCKS5プロキシと比較して、Shadowsocksは複数のTCP接続の管理に優れています。そのため、他の代替手段よりも高速な性能を発揮します。

オープンソース|透明性とコミュニティ

Shadowsocksはオープンソースとして公開されています。そのため、そのコードは誰でも閲覧可能であり、開発に参加することも可能です。また、世界中のコミュニティにより、開発が続けられています。

低消費電力|VPNと比較してエコ

Shadowsocksは、特定のアプリケーションやサービスのトラフィックのみを暗号化し、全てのトラフィックをサーバーを介して転送するわけではないため、必要な時だけ使用することができます。

一方、VPNは全てのインターネットトラフィックを暗号化し、全てのトラフィックをサーバーを介して転送するため、接続すると常に使い続けることになり、電力の消耗が大きくなります。

VPNの代替としてShadowsocksに使うことで、スマホやノートパソコンの消費電力を大きく抑えることができます。

目次に戻る

ShadowsocksとVPNの比較

ShadowsocksとVPNは、特定のウェブサイトへのアクセスを可能にする一つの主要な共通点を持っており、実際に同じ目的で使われています。

しかし、その他の特性については、ShadowsocksとVPNの技術は大きく異なります。

スクロールできます
VPNShadowsocks
データの暗号化全てのインターネットトラフィックを暗号化します。特定のアプリケーションやサービスのトラフィックのみを暗号化します。
プライバシー保護ユーザーのIPアドレスを隠し、オンラインアクティビティを匿名化します。ユーザーのオンラインアクティビティの一部を匿名化します。しかし、全体的なIPアドレスは隠蔽しない可能性があります。
接続速度全てのトラフィックを暗号化するため、接続速度が低下する可能性があります。特定のアプリケーションのトラフィックのみを暗号化するため、一般的にはVPNよりも速度が速いとされています。
パフォーマンス全てのトラフィックを暗号化するため、パフォーマンスに影響を及ぼす可能性があります。軽量で、リソースの消費が少ないため、パフォーマンスに影響を及ぼすことが少ないとされています。
主な用途オンラインプライバシーとセキュリティの強化、地域制限のあるコンテンツへのアクセスインターネット検閲を回避、特定のサービスへのアクセス
ShadowsocksとVPNの主な違い

目次に戻る

ShadowsocksとVPNの選択方法

ShadowsocksとVPNは、それぞれ独特の特性と利益を提供し、これらはユーザーの特定の要求に応じて選ばれます。

Shadowsocksは、検閲制度を回避する目的で開発されたオープンソースのSOCKS5ベースのプロキシプロジェクトです。通常、政府による検閲やジオブロックなどにより制限されるウェブサイトへの接続を可能にします。

Shadowsocksは、トラフィック制限を回避することに主眼を置いており、HTTPSを利用してトラフィックを変装し、検閲を逃れます。しかし、Shadowsocksはプライバシーや匿名性を重視した設計ではなく、その軽量性が特徴です。また、Shadowsocksは全てのトラフィックをサーバーを通じて送信しないため、VPNとは異なる操作性を持っています。そのため、比較的に高速な接続速度を享受できます。

一方、VPNは全てのトラフィックを暗号化し、ユーザーのプライバシーと匿名性を保全します。VPNは、ユーザーのデジタルフットプリントを完全に消去し、安全で匿名性のあるウェブサーフィンを可能にします。

しかし、VPNを使用すると全てのトラフィックが暗号化されるため、特定の地域でしかアクセスできないウェブサイトへのアクセスが制限されることもあります。

VPNとShadowsocksの利点・欠点を理解して使い分けるのがベストです

したがって、あなたが主に検閲制度を回避したい場合、Shadowsocksが適しているかもしれません。一方、プライバシーと匿名性、または自身のデータの安全性を重視する場合は、VPNが適切な選択となるでしょう。

ShadowsocksとVPNの実際の使用例

ShadowsocksとVPNは、どちらもインターネットのセキュリティとプライバシーを保護するためのツールですが、機能が異なるため、実際の利用シーンは異なります。

Shadowsocksは、主に中国の検閲回避を目的として使用されています。

Shadowsocksの使用されるシーン

  • 「グレートファイアウォール」などの検閲の回避
  • 検閲回避時の高速な接続

VPNの使用されるシーン

  • プライバシー保護
  • 地域制限のあるコンテンツへのアクセス

目次に戻る

おすすめのShadowsocksプロバイダ

Shadowsocksのプロバイダは、数多くありますが現在のところ「UCSS」がもっともオススメです。プロバイダ選びに迷ったらUCSSを選んでくださいね。

UCSS|中国・北朝鮮で安全に使える

UCSSは、韓国に拠点を置くShadowsocks専用のプロバイダー。2016年に創業し、中国・北朝鮮で安全にインターネットを使用するためのサービスを提供しています。

UCSSの特徴
  • 高速な通信速度
  • 安定した接続
  • 豊富なサーバーの選択肢
  • 低価格
  • 24時間365日日本語サポート

目次に戻る

Shadowsocksに関するよくある質問

Shadowsocks(SS)とShadowsocksR(SSR)の違いは?

両方ともプロキシツールで、ShadowsocksR(SSR)はShadowsocks(SS)のフォーク(派生版)で、より高度な機能と改善を提供します。

どちらもユーザーがインターネット上の検閲を回避するために使用されます。

ShadowsocksとVPNのどちらを選ぶべき?

ShadowsocksとVPNのどちらを選ぶべきかは、自分のニーズによって異なります。

中国で使う場合、インターネットを安全性を重視するならVPNを、高速で軽量なプロトコルならShadowsocksを選ぶとよいでしょう。

中国以外なら、高速でVPNを使えるため、サーバーの選択肢や機能が豊富であるVPNが主流です。

目次に戻る

まとめ

ShadowsocksとVPNは、インターネット利用のさまざまな目的とニーズに対応するために開発された二つの強力なツールです。それぞれを選ぶかどうかは、ユーザーの特定のニーズと目的に依存します。

Shadowsocksは主に検閲の回避を目的としたツールとして開発され、特定のウェブサイトへのアクセスを選択的に隠蔽する能力を持っています。これは、特定の地域からのアクセスが制限されているウェブサイトにアクセスする必要があるユーザーにとって利益となります。また、Shadowsocksは設定が容易であり、軽量で、多くの場合、比較的高速な接続速度を提供します。

一方で、VPNはすべてのユーザートラフィックを暗号化し、プライバシーと匿名性を強化します。VPNはデータの安全性や匿名性を最優先するユーザーにとって理想的な選択肢です。しかし、全てのトラフィックが暗号化される性質上、特定の地域限定のウェブサイトへのアクセスが制限される可能性があります。

従って、ShadowsocksとVPNのどちらを選ぶべきかは、主に検閲を回避したいのか、それともプライバシーと匿名性を重視したいのかによります。これらの技術について理解を深め、個々のニーズに最適な選択を行うことが重要です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事をSNSでシェアしてね!

この記事の監修者

・在宅勤務のアラフォー会社員
・24時間VPN接続してます!
【趣味・得意分野】
⇨ブログ、文章を書くのが好き!
⇨本職はテック分野(AI、通信)

タップできる目次