本サイトはアフィリエイト広告を利用しています

Shadowsocksは古い?中国利用は『OpenConnect』がベスト

近年、中国におけるインターネットの利用環境は厳しく制限されています。特に、検閲と監視により、自由なウェブアクセスが難しい状況です。

このような背景の中、従来の匿名化技術であるShadowsocksが次第に効果を失いつつあることが指摘されています。そこで注目されているのが、より進化したVPN技術である「OpenConnect」です。

本記事では、OpenConnectが中国でのインターネット利用においてなぜ優れているのか、その理由とメリットを詳しく掘り下げ、さらに中国での利用における注意点や、推奨されるVPNプロバイダーを比較します。

中国での安全なインターネットアクセスを求める方々にとって、この情報はきっと役立つはずです。

タップできる目次

OpenConnectとは

OpenConnectは、インターネットの安全性とアクセスの自由を保障するために開発されたVPNソフトウェアです。

これはもともとCiscoのAnyConnect SSL VPNクライアントのオープンソース代替として始まりましたが、現在では多くの機能と広範な互換性を備えています。

このセクションでは、OpenConnectの基本的な特徴と、それがなぜ中国のような厳しいインターネット環境で推奨されるのかを探ります。

OpenConnectの特徴

OpenConnectは、SSL VPNプロトコルを用いており、高度なセキュリティと堅牢な暗号化を提供します。

これにより、ユーザーのインターネットトラフィックは外部からの監視や干渉に対して保護されます。

また、OpenConnectはユーザーがインターネット上での匿名性を保つのを助け、IPアドレスや位置情報を隠し、ユーザーのプライバシーを守ります。

OpenConnectの技術的なアプローチ

OpenConnectは、複数の技術的なアプローチを採用しています。

これには、データトラフィックの暗号化、プロトコルの難読化、そしてポートのランダム化などが含まれます。

これらの技術は、特に検閲や監視が厳しい環境において、安全なインターネットアクセスを確保するために重要です。

中国におけるインターネット検閲の現状

中国では、政府による厳しいインターネット検閲と監視が行われています。

このような環境下で、OpenConnectはその高度な暗号化とプロトコルの難読化機能を通じて、中国のグレートファイアウォールを回避するのに特に有効です。

また、多様なサーバーオプションと技術的な柔軟性により、ユーザーはブロックされたサイトやサービスにアクセスし、自由なインターネット利用を享受できます。

目次に戻る

OpenConnectが中国で繋がる5つの理由

中国でインターネットへのアクセスが制限されている中、OpenConnectがなぜ接続可能なのか、その理由を詳しく見ていきましょう。

トラフィックの暗号化

OpenConnectは全てのインターネットトラフィックを暗号化することで、中国のGreat Firewall(GFW)による識別と遮断を困難にします。

GFWは主に暗号化されていないトラフィック、例えばHTTPトラフィックの遮断に設計されています。暗号化されたトラフィックは、その内容や送信先がGFWには見えないため、インターネットアクセスを遮断されることが少なくなります。

ポートのランダム化

OpenConnectは接続にランダムなポートを使用します。GFWはVPNトラフィックを特定のポート、例えばHTTPSトラフィックのデフォルトポートである443番を遮断することで識別しようとします。

ランダムなポートを使用することで、OpenConnectはこれらの遮断を避けることができます。

プロトコルの難読化

OpenConnectはプロトコルを難読化する能力を持っています。これは「プロトコルトンネリング」という技術により実現されます。

つまり、OpenConnectのトラフィックはHTTPなどの別のプロトコル内に包み込まれます。これにより、GFWにとって通常のインターネットトラフィックのように見え、遮断を回避できます。

サーバーの多様性

OpenConnectは世界中に多くのサーバーを持っています。GFWがこれら全てを遮断することは不可能です。

そのため、一部のサーバーが遮断された場合でも、他のサーバーへの接続が可能です。

技術的な洗練

OpenConnectの開発者たちは、ソフトウェアの改善に努め、GFWによる遮断を回避する新たな技術を常に開発しています。

これには、新しい難読化手法やプロトコルトンネリングの技術、さらにはGFWのトラフィックフィルタリングルールを回避する方法の開発が含まれます。

目次に戻る

OpenConnectプロバイダーの比較

中国でのインターネットアクセスに最適なOpenConnectプロバイダーを比較し、それぞれの特徴や料金プランを紹介します。

スクロールできます
Millen VPNかべネコVPNセカイVPNスイカVPN
月額料金396円〜480円〜1,100円878円〜
同時接続104350
サーバーロケーション72101045
サーバー数1300+非公開非公開50
OpenConnectプロバイダーの比較

Millen VPN

国産最大手のVPNプロバイダ。2022年8月に価格改定して、海外のプロバイダと引けを取らない価格設定となりました。

最大のメリットは日本語対応のアフターサービス。海外から日本のインターネットにアクセスに最適のプロバイダです。

中国での利用もサポートされています。 海外のプロバイダと比較して、VPNサーバの提供国が少ないのが唯一の欠点。

かべネコVPN

かべネコVPNの最大の魅力は、使わない日があれば契約期間を自動延長するという独自の料金体系にあります。

たとえば、1年プランを選んだ場合、VPNを使用しない日があれば最長で1年半まで利用期間が延びます。

セカイVPN

セカイVPNはインターリンクが提供するVPNサービスです。

日系企業が提供しており、日本語のサポートが充実しているため、トラブルがあっても安心して利用できます。

特に中国での利用においては、主要都市にサーバーを持っており、安定した接続を提供しています。

スイカVPN

スイカVPNは、日本のMAJ Techが運営するVPNサービスです。

このサービスの最大の魅力は、世界中に多数のサーバーを持ち、特に中国向けに最適化されたサーバーを提供している点にあります。

これにより、中国の厳格なインターネット規制を回避し、高速で安定したインターネット接続を実現しています。

目次に戻る

中国でOpenConnect利用の注意点

OpenConnectを中国で利用する際には、いくつかの重要な点に注意する必要があります。これらの点を理解し、対策を講じることが、安全かつ効果的にサービスを利用するために重要です。

法的なリスク

中国では、政府によるインターネット検閲が厳しく、VPNの使用が法的に制限されている場合があります。そのため、VPNを利用する際には法的なリスクが伴うことを理解しておく必要があります。

中国政府はVPNの使用を取り締まることがあり、違法とみなされる行為には罰則が科される可能性があります。

セキュリティの維持

OpenConnectを利用する際には、セキュリティを維持することが不可欠です。特に、公共のWi-Fiネットワークなど、セキュリティが低い環境での利用には注意が必要です。

強力な暗号化を備えたVPNを選択し、常に最新のセキュリティアップデートを適用することで、個人情報の漏洩を防ぐことが重要です。

コストと利便性

OpenConnectの提供するサービスは、様々なプランや価格帯があります。自分の使用頻度や必要な機能に応じて、最適なプランを選択することが重要です。

また、中国での接続安定性や速度、サーバーの選択肢など、利便性の面でも各サービスを比較検討することが望ましいです。

目次に戻る

まとめ

中国でのインターネットアクセスには、多くの課題がありますが、OpenConnectはこれらの課題を効果的に解決します。

この記事を参考に、自分に合ったVPNサービスを選び、安全かつ自由にインターネットを楽しんでください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事をSNSでシェアしてね!

この記事の監修者

・在宅勤務のアラフォー会社員
・24時間VPN接続してます!
【趣味・得意分野】
⇨ブログ、文章を書くのが好き!
⇨本職はテック分野(AI、通信)

タップできる目次