MENU
VPNハック
VPNハックの案内人
・在宅勤務のアラフォー会社員
・24時間VPN接続してます!

【趣味・得意分野】
⇨ブログ、文章を書くのが好き!
⇨本職はテック分野(AI、通信)
本サイトはアフィリエイト広告を利用しています

Apple TVでVPNを使う方法4選【日本で海外版Netflixを視聴】

Apple TVを使って、日本で海外版のNetflixを視聴する方法はいくつかあります。

VPNを活用することで、地域制限を回避し、より広い範囲のコンテンツにアクセスできるようになります。

この記事では、Apple TVでVPNを使う4つの方法と、それぞれのメリットとデメリットについて詳しく解説します。

タップできる目次

Apple TV用VPNアプリ

Apple TVで直接VPN接続を利用する最も一般的な方法は、VPNアプリを使用することです。しかし、Apple TVのOSの制約により、直接インストールできるVPNアプリの選択肢は限られています。

この制約を克服するため、NordVPNやExpressVPNといった一部のVPNプロバイダーは、特定の設定や迂回策を提供してApple TVでの使用を可能にしています。

VPNアプリのメリット

VPNアプリを使用することで、以下のようなメリットがあります:

  • 簡単な設定: VPNアプリはユーザーが簡単に設定できるようにデザインされています。インストール後、数回クリックするだけでVPN接続を開始できます。
  • 速度: VPNアプリは通常、最適なサーバーを自動で選択するため、インターネット速度の低下を最小限に抑えることができます。
  • セキュリティとプライバシー: トラフィックの暗号化により、オンラインでの活動が保護されます。これにより、セキュリティが向上し、プライバシーが保持されます。

VPNアプリのデメリット

一方で、VPNアプリを使用する際には以下のようなデメリットも考慮する必要があります:

  • アプリの互換性: Apple TVは直接VPN接続をサポートしていないため、すべてのVPNサービスがアプリを提供しているわけではありません。
  • コスト: 高品質なVPNサービスは無料ではなく、月額料金が必要です。これは、長期的に見ると費用がかかることを意味します。

Apple TV用VPNアプリの提供プロバイダー

現在、Apple TV用のVPNアプリを提供するのは、NordVPNとExpressVPNのみです。

NordVPN|国内外でオールマイティに使える

低価格で安定したVPNを提供するオールラウンダー型のVPN。

世界中のNetflixやAmazon Prime videoにアクセス可能、エリア制限が最も厳しい海外版DAZNも視聴できます。

中国や中東などの厳しい検閲には難読化サーバーで対応し渡航時にも最適です。

ExpressVPN|海外どこでも使える高速VPN

老舗VPNプロバイダ。VPN接続時の通信速度を重視するならExpressVPNがおすすめ。

VPNサーバーの提供エリアが広く、海外へのVPN接続にはこれを利用すれば間違いなし。海外で人気ナンバー1のサービスです。

2年プランの設定がないため月額料金は高め。

目次に戻る

SmartDNS

SmartDNSは、地理的制限を回避し、世界中のコンテンツへのアクセスを可能にするテクノロジーです。

VPNとは異なり、トラフィックを暗号化せずに特定のDNSサーバーを利用してあなたのインターネットの地理的位置情報を変更します。

これにより、特定の地域専用のサービスやウェブサイトにアクセスできるようになります。

SmartDNSのメリット

SmartDNSを使用することのメリットは以下の通りです。

  • 速度の低下が少ない: トラフィックの暗号化がないため、VPN使用時に比べてインターネット速度の低下が少なくなります。これは、ストリーミングやオンラインゲームに最適です。
  • 簡単な設定: 多くのデバイスでDNS設定を変更するだけで良く、専門知識がなくても設定が可能です。
  • 幅広いデバイス対応: スマートDNSは、VPNクライアントのインストールが必要ないため、スマートTV、ゲーム機、Apple TVなど、インターネットに接続する多くのデバイスで使用できます。
  • 同時接続の制限なし: 一つのスマートDNSサブスクリプションで、家庭内の複数のデバイスをカバーできます。

SmartDNSのデメリット

一方で、SmartDNSには以下のようなデメリットもあります。

  • セキュリティが低い: トラフィックが暗号化されないため、セキュリティはVPNよりも低くなります。これにより、使用中のデータが第三者によって盗み見られるリスクがあります。
  • プライバシー保護が弱い: 同様に、データの暗号化がないため、ISP(インターネットサービスプロバイダー)による活動の監視やログの記録が可能となります。
  • 地域制限の回避が保証されない: 一部のサービスでは、スマートDNSを使用しても地域制限を回避できない場合があります。これは、サービスがIPアドレスだけでなく、他の方法でユーザーの位置情報を検出しているためです。
  • 設定の変更が必要な場合がある: サービス側が地域制限の回避策を強化した場合、SmartDNSの設定を更新する必要が出てくることがあります。

SmartDNSの提供プロバイダー

現在、SmartDNSサービスを提供するのは、NordVPN、ExpressVPN、Surfsharkです。

NordVPN|国内外でオールマイティに使える

低価格で安定したVPNを提供するオールラウンダー型のVPN。

世界中のNetflixやAmazon Prime videoにアクセス可能、エリア制限が最も厳しい海外版DAZNも視聴できます。

中国や中東などの厳しい検閲には難読化サーバーで対応し渡航時にも最適です。

ExpressVPN|海外どこでも使える高速VPN

老舗VPNプロバイダ。VPN接続時の通信速度を重視するならExpressVPNがおすすめ。

VPNサーバーの提供エリアが広く、海外へのVPN接続にはこれを利用すれば間違いなし。海外で人気ナンバー1のサービスです。

2年プランの設定がないため月額料金は高め。

Surfshark|無制限に繋がる家族向けVPN

Surfsharkは新興のVPNプロバイダーとして急速に名を馳せています。

手頃な価格で高品質なサービスを提供し、ユーザーのプライバシーを最優先に考えています。

特に、同時接続数に制限がないため、家族全員が一つのアカウントで複数のデバイスを保護することができます。

安全性と使いやすさを兼ね備えたSurfsharkは、初心者から上級者までのすべてのユーザーにおすすめのVPNサービスです。

目次に戻る

VPN対応ルーター

AppleTVをVPN対応ルーターに接続することで、VPNを接続した状態でAppleTVを使えます。

以下では、ルーターでのVPN設定のメリットとデメリットをさらに詳しく解説します。

ルーターでのVPN設定のメリット

  1. 全デバイスの保護:
    • VPN対応ルーターを使用すると、ルーターに接続された全てのデバイスが自動的にVPN保護を受けます。これにより、個別にデバイスを設定する手間が省けます。
  2. 接続の簡素化:
    • 一度ルーターにVPNを設定すれば、家庭内の新しいデバイスを接続する際にVPN設定を繰り返す必要がありません。これにより、接続プロセスが大幅に簡素化されます。
  3. 常時保護:
    • ルーター経由でVPNが常時稼働しているため、デバイスをインターネットに接続する際はいつでも自動的に保護されます。
  4. コスト効率:
    • 複数のデバイスでVPNを使用する場合、それぞれに個別のVPNサブスクリプションを購入するよりも、VPN対応ルーターを利用する方がコスト効率が良い場合があります。

ルーターでのVPN設定のデメリット

  1. 設定の複雑さ:
    • VPN対応ルーターの設定は、通常のルーター設定よりも複雑になることがあります。特にVPNの詳細な設定に不慣れな場合、設定プロセスが難しく感じられるかもしれません。
  2. 性能への影響:
    • VPNを通じて全てのトラフィックをルーティングすると、ルーターの処理能力によってはインターネット速度が低下する可能性があります。
  3. デバイスごとの制御が難しい:
    • 全てのデバイスが同じVPN接続を共有するため、デバイスごとに異なる地域設定や接続設定を行うことが難しくなります。
  4. コスト:
    • 高品質のVPN対応ルーターは、標準的なルーターよりも高価であることが多く、初期投資が必要になる場合があります。

目次に戻る

PCやMacとVPN共有接続

PCやMacを介してVPN接続をApple TVや他のデバイスに共有する方法は、PCやMacがVPN接続を確立し、その接続をAppleTVなどのローカルネットワーク上のデバイスと共有します。

これにより、Apple TVを含む接続された全てのデバイスがVPN経由でインターネットにアクセスできるようになります。

VPN共有接続のメリット

VPN共有接続を使用することの主な利点は以下の通りです:

  1. デバイスの互換性: VPNを直接サポートしていないデバイスでも、VPN経由でインターネットに接続できるようになります。
  2. 同時接続数の節約: VPNプロバイダーによっては同時接続数に制限がありますが、この方法を使用すると、一つの接続で複数のデバイスを保護できます。
  3. コスト効率: 追加のハードウェア購入や専門的な設定を必要とせず、既存のPCやMacを利用することで、VPNのメリットを享受できます。
  4. 柔軟な設定オプション: VPNクライアントの設定をカスタマイズして、接続を共有するデバイスの種類や数を柔軟に管理できます。

VPN共有接続のデメリット

一方で、VPN共有接続にはいくつかのデメリットもあります:

  • 設定の複雑さ: 特にネットワーキングやVPN設定に慣れていないユーザーにとって、設定プロセスは複雑に感じられるかもしれません。
  • PCやMacが常時稼働必要: VPN接続を共有するためには、PCやMacが常にオンになっている必要があります。これは電力消費やデバイスの耐久性に影響を与える可能性があります。
  • パフォーマンスの影響: PCやMacを介してトラフィックをルーティングするため、ネットワークの速度や安定性に影響を与える可能性があります。特に、高帯域幅を要求するアクティビティ(例:HDビデオストリーミング)では顕著になることがあります。
  • セキュリティリスク: VPN接続を共有する際には、セキュリティ設定に特に注意が必要です。不適切な設定は、外部からのアクセスを許してしまうリスクを高める可能性があります。

目次に戻る

まとめ|NordVPNのVPNアプリならかんたん!

Apple TVでVPNに接続する4つの方法の中で、NordVPNのVPNアプリを使用する方法が最も簡単かつ効果的です。

NordVPNは高速で信頼性の高いサービスを提供しており、Apple TVで海外版Netflixを楽しむための最適な選択肢の一つです。

設定も簡単で、幅広いデバイスに対応しているため、多くのユーザーにとって利用しやすい方法と言えるでしょう。

\新春キャンペーン実施中!今だけ月々460円〜/

<安心の30日間返金保証付き>

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事をSNSでシェアしてね!
タップできる目次