本サイトはアフィリエイト広告を利用しています

【Windows 11でVPN接続の共有】モバイルホットスポットの手順解説

Windows 11のPCを通じてVPN接続を他のデバイスと共有したいと思ったことはありませんか?

この記事ではWindows 11経由でVPN接続の共有方法について詳しく解説します。これにより、自身のPCから他のデバイスへと簡単にVPN接続を共有できます。

ちょっとした手順を踏むだけで、自分のコンピュータをモバイルホットスポット(アクセスポイント)として活用できるので、ぜひ、試してみてください。

Macのアクセスポイント化方法はこちら

タップできる目次

Windows 11経由でVPN接続を共有する手順

Windows 11のコンピュータを使用してVPN接続を共有するには、まず自身のPCをモバイルホットスポットとして設定します。

その後、他のデバイスがこのホットスポットに接続することで、VPN接続を共有することができます。

以下に、Windows 11経由でVPN接続を共有する具体的な手順を説明します。

STEP

VPNプロバイダーのアプリをインストール

VPN接続を共有するためには、まずVPNプロバイダーの提供するWindows用VPN接続アプリをインストールします。

アプリをインストールすると、PCにTAPネットワークアダプタが構築され、ネットワークの仮想化ができます。

STEP

VPNアプリを起動し、VPNを接続

インストールしたVPNアプリを起動し、VPNプロトコルをOpenVPN(UDPまたはTCPバージョン)に設定します。そして、自身が接続したい場所にVPNを接続します。

STEP

[スタート]メニューの[設定]をクリック

VPN接続が確立したら、次にWindowsの[スタート]メニューを開き、[設定]をクリックします。

STEP

[ネットワークとインターネット]の中の[モバイルホットスポット]をクリック

[設定]画面で、[ネットワークとインターネット]をクリックし、その後[モバイルホットスポット]をクリックします。

STEP

「インターネット接続を共有する」メニューからインターネットのソースを選択

モバイルホットスポットの設定画面で、「インターネット接続を共有する」ドロップダウンメニューをクリックします。そして、共有するインターネットのソースを選択します。

「イーサネット」または「Wi-Fi」から選択できます。

STEP

「共有先」メニューから、共有方法を選択

次に、「共有先」のドロップダウンメニューをクリックし、他のデバイスとインターネット接続を共有する方法を選択します。

共有方法は「Wi-Fi」または「Bluetooth」から選択できます。

STEP

「ネットワーク情報の編集」の設定

「プロパティ」セクションの下部にある「編集」をクリックすると、「ネットワーク情報の編集」ウィンドウが表示されます。

このウィンドウを使用して、ネットワークの名前(Wi-Fi SSIDと同様)、ホットスポットに接続するために人々が使用するパスワード、ネットワークバンド(2.4 GHz、5 GHz、または「利用可能なもの」)を設定します。

設定が完了したら、「保存」をクリックします。

STEP

「モバイルホットスポット」のスイッチを「オン」にする

最後に、モバイルホットスポット設定ウィンドウの上部に戻り、「モバイルホットスポット」のスイッチを「オン」に切り替えると、VPN接続を共有できます。

目次に戻る

Q&A|よくある質問と回答

VPN接続の共有ができない場合は?

まずは、すべての設定を再確認し、手順に従っているか確認してください。

それでも解決しない場合は、VPNプロバイダーに問い合わせてみてください。特定のVPNサービスでは、接続の共有が制限されている場合があります。

VPN接続の共有はセキュリティに影響する?

共有されたVPN接続は、元のVPN接続のセキュリティレベルを維持します。

共有する際に生成したモバイルホットスポットにパスワードを設定することで、不正なアクセスを防ぐことができます。

共有したVPN接続の速度が遅い場合は?

共有したVPN接続の速度は元のVPN接続の速度に大きく依存します。VPN接続自体の速度が遅い場合は、VPNプロバイダーに問い合わせてみてください。

大量のデータを送受信するデバイスが接続されていると、速度が遅くなることがあります。

いくつのデバイスまで同時にVPN接続を共有できる?

共有できるデバイスの数は、主にあなたのネットワーク機器や設定によります。

また、デバイスが増えるほど、全体のネットワークパフォーマンスが低下するので注意が必要です。

どのVPNプロバイダーを選ぶべき?

VPNプロバイダーは多く存在し、それぞれ異なる特長やサービスを提供しています。自分の必要とする機能、予算、プライバシーポリシー、サーバーの立地などを考慮して選んでください。

本サイトでおすすめのVPNプロバイダーは、近年もっとも信頼性が高く、安心の返金保証付きの「NordVPN」です。

\12周年キャンペーン実施中!今なら66%オフ/

<安心の30日間返金保証付き>

目次に戻る

まとめ

以上の手順を行うことで、Windows 11のPCを使用してVPN接続をモバイルホットスポットとして共有できます。

これにより、他のデバイスがそのホットスポットに接続することで、簡単にVPN接続を共有できます。これは、旅行中や外出先で、複数のデバイスでVPN接続を使用したい場合に特に便利です。

ぜひ、この記事を参考に、実際にWindows 11でVPN接続を共有してみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事をSNSでシェアしてね!

この記事の監修者

・在宅勤務のアラフォー会社員
・24時間VPN接続してます!
【趣味・得意分野】
⇨ブログ、文章を書くのが好き!
⇨本職はテック分野(AI、通信)

タップできる目次