Torブラウザの匿名性と危険性 【VPNと併用についても解説】

Tor(トーア)ブラウザって怪しいインターネットブラウザがあるけど、知りたい!

VPNだけではダメなの…?匿名ブラウザは必要?

安全にTorを利用する方法を教えて!

Torブラウザは「プライバシー」や身の安全に関わる「セキュリティ」の保護ができるインターネットブラウザですが、ダークウェブへの接続に利用されアングラなイメージがあるので安全に使えるか不安ですよね。

そこで本記事では、Torブラウザを安全かつ有効に利用するため、以下の点を解説します。

  • Torについて
  • TorとVPNの違い
  • 安全なVPN業者を選ぶための注意点

本記事の内容をそのまま実践すれば、安心してトーアブラウザを使えるようになりますよ。

タップできる目次

Torとは?|匿名通信システム

Torとは接続経路を相手(インターネットの接続先)にわからないようにできる匿名通信システムです。

インターネットのエンドユーザが接続先サーバと直接通信したくない場合、つまり、匿名で通信したい場合などに、匿名化ネットワークを通じて通信を行います。

匿名化ネットワークは、インターネットの接続元と接続先の間にプロキシサーバを複数つなぎ合わせて構築されています。

Torが利用されるケース
  • 匿名でWebサーバー(インターネット)に接続する
  • 匿名でインターネット上の掲示板に書き込む
  • ダークウェブ(.onionドメイン)へ接続する
  • 検閲を回避してインターネット接続する

トーアブラウザは、Torを経由してインターネットへアクセスするオープンソースのウェブブラウザです。

Torブラウザの導入方法

iOS, Android

モバイル端末からはApple Store, Google Playからダウンロードします。

アプリ名はiOS版とAndroid版で異なります

iOS版Onion Browser
Android版Tor Browser
Tor Browser: Official, Private, & Secure

Tor Browser: Official, Private, & Secure

posted withアプリーチ

Windows, macOS, Linux

PCやMacからは公式サイトからダウンロードします。

TorとVPNの違い

VPN接続を使うことで通信内容をたどるのは不可能なりますが、唯一のリスクとしてVPNプロバイダーは通信ログを保存することが可能です。VPNプロバイダーには通信ログを保存しないノーログポリシーのサービスがありますが信用するかどうかは利用するユーザー次第です。

スクロールできます
TorVPN
料金無料低価格 (月々数百円)
暗号化Torネットワークの出口とWebサーバー間の暗号化がされない終端間暗号化
匿名性接続元情報を隠せるが、ISPはTorの利用を探知可能VPNプロバイダ次第
通信速度遅い比較的高速
互換性Windows
MacOS
Linux
iOS
Android
Windows
MacOS
Linux
iOS
Android
Router
TorとVPNの違い

トーアブラウザを使う注意点

Tor通信は監視されている

一般的にトーアブラウザはダークサイトへのアクセスのために利用されるものと認識されており利用すること自体に注目が集まります。したがって、ISP(インターネットサービスプロバイダー)にTorユーザーとして認識され監視対象になる可能性があります。

ISPが知り得る情報
  • ユーザーの個人情報 (名前/住所/電話番号/クレカ番号など)
  • ユーザーID
  • IPアドレス
  • 認証結果
  • 利用開始時間
  • 利用終了時間

Torを使ってアクセスされたことは通信ログに残る

近年Tor利用者のIPアドレスを割り出す方法が確立しつつあると言われています。

Torは通信経路を確立する際に特徴的な動作をするため、ISPに残された通信記録から「ある時刻にTorを使っていた者」を識別することができます。Torの利用者を絞り込んだ上に、他の手掛かりとなる通信データと照らし合わせることで発信元のIPアドレスを絞り込むことができます。

また、監視対象のダークウェブへ接続した際に個人情報取得を目的とした攻撃を受ける場合があるので、TorとVPNを併用して匿名性と安全性を高める対応が必要になります。

VPNとTorを併用する方法

VPN経由でTorを使う「Tor over VPN」として通信することでIPアドレスの隠してTorを利用できるため、Tor利用時の匿名性と安全性が向上します。利用の際には、次の利点・欠点を理解したうえで使用してください。

「Tor over VPN」の利点
「Tor over VPN」の欠点
  • インターネットサービスプロバイダ(ISP)にTorの使用を隠すことができる
  • 最初に接続するTorノード(Entry guard)に、実際のIPアドレスを知らせない
  • ダークウェブ(.onionドメイン)へ接続できる
  • Torネットワークへのウィルス等のトラップによる実際のIPアドレスの特定が困難
  • VPNプロバイダにTorでのトラフィック情報は隠せるが、Torへの接続は知られる
  • Torの出口ノード(Exit node)から接続先への通信の暗号化ができないため、個人情報やパスワードの送信に注意

まとめ

本記事では、トーアブラウザを安全に利用する方法について解説してきました。Torを使うことでIPアドレスと通信ログを特定するのが困難になり匿名性が向上しますが、それは、信頼できるVPNブロバイダを利用するのが前提になることを理解していただけたのではないでしょうか。

また、ダークウェブを利用しない場合はTorを利用せずVPN接続のみでセキュリティ対策となるため、ぜひ信頼性の高いVPNプロバイダを利用してください。

おすすめのVPNプロバイダ

ノーログポリシーと厳しいVPN制限プロトコルに対抗できる難読化サーバ技術を提供しているNordVPNがおすすめです。ぜひ、検討してみてください。
NordVPNを選ぶ9つの理由【2022年一番おすすめのVPNサービス】

\今だけ!63%割引キャンペーン実施中/

<安心の30日間返金保証付き>

この記事をSNSでシェアしてね!
タップできる目次