MENU
VPNハック
VPNハックの案内人
・在宅勤務のアラフォー会社員
・24時間VPN接続してます!

【趣味・得意分野】
⇨ブログ、文章を書くのが好き!
⇨本職はテック分野(AI、通信)
本サイトはアフィリエイト広告を利用しています

『Torブラウザ』はVPN併用がおすすめ!危険性と安全対策を完全ガイド

Torブラウザについて詳しく教えて!

Torだけではダメなの…?VPN併用は必要?

安全にTorを使う方法を教えて!

インターネットの安全性に関する懸念が高まる中、個人のプライバシーとデータの保護はますます重要になっています。特に、オンラインでの匿名性を確保することは、個人の自由とセキュリティに直結しています。

この記事では、二つの強力なツール、Tor(トーア)ブラウザとVPNを組み合わせることによる、オンラインでの安全対策について詳しく解説します。

これらのツールがどのように機能し、どのようにしてあなたのオンライン活動を保護するのか、そのメリットと注意点について掘り下げていきます。

この記事を読めばわかること
  • Torブラウザと特徴と危険性について
  • TorとVPNの違い
  • TorとVPNの併用の利点と手順について

この記事を読むことで、匿名性を保持するための最適な方法を知ることができます。より安心してウェブを利用できるように、ぜひ、最後までお読みださい。

タップできる目次

Torブラウザとは?

Torブラウザは、インターネット上でのユーザーの匿名性を高めることを目的とした特殊なウェブブラウザです。接続経路を相手(インターネットの接続先)にわからないようにできます。

Torブラウザの目的

Torブラウザの主要な目的は、ユーザーのオンラインでのアクティビティを隠し、匿名性を保持することです。

これにより、オンラインでのプライバシー保護が可能になり、ユーザーの活動は追跡や監視から守られます。

特に、政府の監視や商業的なトラッキングから逃れたい場合に有効です。

Torが利用されるケース
  • 匿名でWebサーバー(インターネット)に接続する
  • 匿名でインターネット上の掲示板に書き込む
  • ダークウェブ(.onionドメイン)へ接続する
  • 検閲を回避してインターネット接続する

Torの仕組み

Torは、「The Onion Router」の略称で、その名の通り、オニオン(玉ねぎ)の層のような構造を持っています。

データはランダムに選ばれた複数のサーバー(ノード)を経由して送信されます。

それぞれのノードで一層ずつデータが暗号化または復号化されるため、送信元と送信先の両方を同時に把握することが非常に難しくなります。

TorとVPNの比較

TorとVPNはどちらもプライバシーを保護するツールですが、それぞれに異なる特性があります。その比較を以下に示します。

VPNはデータを暗号化し、ユーザーのIPアドレスを隠すことに重点を置いていますが、Torはデータの送信ルートを複雑化することにより、追跡をより困難にします。
ただし、TorはVPNと比べて速度が遅くなることが一般的です。

スクロールできます
TorVPN
料金無料低価格 (月々数百円)
暗号化Torネットワークの出口とWebサーバー間の暗号化がされない終端間暗号化
匿名性接続元情報を隠せるが、ISPはTorの利用を探知可能VPNプロバイダ次第
通信速度遅い比較的高速
互換性Windows
MacOS
Linux
iOS
Android
Windows
MacOS
Linux
iOS
Android
Router
TorとVPNの違い

目次に戻る

Torブラウザの導入方法

Torブラウザは、さまざまなプラットフォームで利用可能です。

iOS, Android

iOSやAndroidでは、専用のアプリをダウンロードして使用します。インストールは簡単で、公式ストアから直接ダウンロードできます。

アプリ名はiOS版とAndroid版で異なります

iOS版Onion Browser
Android版Tor Browser
Tor Browser: Official, Private, & Secure

Tor Browser: Official, Private, & Secure

posted withアプリーチ

Windows, macOS, Linux

Windows、macOS、Linuxでは、Torプロジェクト公式サイトからダウンロードし、インストールします。利用は無料で、設定も簡単です。

目次に戻る

Torブラウザ利用の危険性と注意点

Torブラウザを使用する際は、いくつかのリスクも伴います。ユーザーはこれらの危険性を理解し、対策を講じることが重要です。

Tor通信は監視されている

一般的にTorブラウザはダークサイトへのアクセスのために利用されるものと認識され、トラフィックがTorを経由していること自体が、疑いの目を引きます。

そのため、ISP(インターネットサービスプロバイダー)からの監視対象になる可能性があります。

ISPが知り得る情報
  • ユーザーの個人情報 (名前/住所/電話番号/クレカ番号など)
  • ユーザーID
  • IPアドレス
  • 認証結果
  • 利用開始時間
  • 利用終了時間

Torでのアクセス履歴は通信ログに残る

近年Tor利用者のIPアドレスを割り出す方法が確立しつつあると言われています。これは、特定の監視対象となるリスクを増加させる可能性があります。

IPアドレスを特定された事例

Torは通信経路を確立する際に特徴的な動作をします。Torを使っていた時刻と手がかりとなる通信データから、発信元のIPアドレスを特定された事例があります。

ダークウェブへの接続時に攻撃を受ける

Torブラウザを通じてダークウェブにアクセスする際は、様々なサイバー攻撃のリスクがあります。

対策として、TorとVPNを併用して匿名性と安全性を高める必要があります。

関連記事

ダークウェブってなに?という方はこの記事をご覧ください。

目次に戻る

VPN併用でTorの危険性を低減する方法

Torブラウザの危険性を低減するために、VPNとの併用が効果的です。ここでは、なぜこの組み合わせが有効なのか、そしてどのように設定すればよいかを説明します。

TorとVPN併用する理由

VPNを使用することで、Torネットワークへの接続前にトラフィックを暗号化し、ユーザーのオリジナルIPアドレスを隠すことができます。

これにより、Torネットワークの入口での監視リスクを減らし、さらなるプライバシー保護を実現します。

TorとVPNを併用する方法

VPNとTorの組み合わせには「Tor over VPN」と「VPN over Tor」の2つの方法があります。

Tor over VPNVPN経由でTorを利用する方式
VPN over TorTor経由でVPNを利用する方式

Tor over VPN

この方法では、最初にVPNに接続し、その上でTorブラウザを使用します。これにより、ISPによるTor使用の監視を避けることができます。

VPN over Tor

こちらは、最初にTorネットワークに接続し、その後でVPNに接続します。この設定では、Torネットワークを出た後のトラフィックをさらに暗号化し、プライバシーを強化します。

「Tor over VPN」と「VPN over Tor」の比較

下の表に「Tor over VPN」「VPN over Tor」のメリット・デメリットをまとめています。

VPN over TorTor over VPN
メリットISPにVPN接続を隠すことができる

全てのインターネットトラフィックが匿名化される

VPNサーバーがトラフィックの終点なので、サーバーの所有者は利用者のIPを知ることができない。
利用者の実IPアドレスをISPから隠すことができる
Torがブロックされている場所でも使用可能

特定のアプリケーションだけをTor経由にできる
デメリット設定が複雑で、初心者には難しい

インターネット接続速度が非常に遅くなる可能性がある
VPNプロバイダのログポリシーと信頼性がプライバシー保護の重要な要素となる

VPNサーバーがトラフィックの終点なので、VPNプロバイダがあなたの実際のIPアドレスを知ることができる
インターネット接続速度が遅くなる可能性がある
VPNプロバイダのログポリシーと信頼性がプライバシー保護の重要な要素となる

目次に戻る

Torブラウザと併用におすすめのVPNプロバイダ

このサイトでおすすめするVPNサービスは「NordVPN」「ExpressVPN」「Millen VPN」「CyberGhostVPN」です。

VPN選びに迷ったら、この4つのVPNサービスから選んでくださいね。

スクロールできます
管轄パナマ英領ヴァージン諸島日本ルーマニア
ノーロギング対応対応対応対応
暗号化規格AES-256-GCMAES-256-GCMAES-256AES-256
暗号化プロトコルOpenVPN
IKEv2 / IPsec
WireGuard
OpenVPN
IKEv2
L2TP/IPsec
Lightway
OpenVPN
IKEv2
OpenVPN
IKEv2
WireGuard
サーバー数6,000台+3,000台+1,300台+9,773台+
対象国数111944991
同時接続10510
1ヶ月契約1,960円/月1,946円/月1,496円/月1,790円/月
6ヶ月契約1,501円/月1,000円/月
1年契約690円/月1,002円/月594円/月
2年契約460円/月396円/月320円/月
日本語対応アプリ

NordVPN|国内外でオールマイティに使える

低価格で安定したVPNを提供するオールラウンダー型のVPN。

世界中のNetflixやAmazon Prime videoにアクセス可能、エリア制限が最も厳しい海外版DAZNも視聴できます。

中国や中東などの厳しい検閲には難読化サーバーで対応し渡航時にも最適です。

\新春キャンペーン実施中!今だけ月々460円〜/

<安心の30日間返金保証付き>


ExpressVPN|海外どこでも使える高速VPN

老舗VPNプロバイダ。VPN接続時の通信速度を重視するならExpressVPNがおすすめ。

VPNサーバーの提供エリアが広く、海外へのVPN接続にはこれを利用すれば間違いなし。海外で人気ナンバー1のサービスです。

2年プランの設定がないため月額料金は高め。

\今だけ!3ヶ月無料キャンペーン中!/

<安心の30日間返金保証付き>


ミレンVPN|安心の日本企業運営

国産最大手のVPNプロバイダ。2022年8月に価格改定して、海外のプロバイダと引けを取らない価格設定となりました。

最大のメリットは日本語対応のアフターサービス。海外から日本のインターネットにアクセスに最適のプロバイダです。中国での利用もサポートされています。

海外のプロバイダと比較して、VPNサーバの提供国が少ないのが唯一の欠点。

\安心の国産VPN!日本の動画サービスに完全対応/

<安心の30日間返金保証付き>


CyberGhost VPN|Netflixに特化

CyberGhost VPNは2011年設立のルーマニアに拠点を置く老舗VPNプロバイダーです。

ストリーミング専用サーバーの提供や専用IPの利用オプションなどの独自サービスが充実しており、Netflix、Amazon prime video、Disney+などのストリーミング視聴に最適なVPNです。

\ 期間限定オファーで最大84%まで割引! /

<安心の45日間返金保証付き>

目次に戻る

まとめ|Tor利用時はVPN併用がおすすめ

Torブラウザは匿名性を高める強力なツールですが、VPNとの併用によりさらなるセキュリティとプライバシーの強化が可能です。

この記事で紹介した知識とヒントを活用し、安全かつ効果的にインターネットを利用しましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事をSNSでシェアしてね!
タップできる目次