検索順位10位以内を目指すためのSEO! 【オススメする対策方法3選と分析ツールの紹介】

「サイトを作ったけどPVを上げるにはどうしたら良いの…?」

「SEO対策はどのツールを使えば良いの?」

ワードプレスでサイトを作成しただけではPVはそれほど多くないと思います。PVを上げるためには、検索エンジンで検索上位となる必要があります。それをSEO対策といいますがSEO対策は専用の分析ツールを駆使して記事をリライトしていく必要があります。しかしながら、初心者には敷居が高くそれなりの知識が必要になってきます。

そこで本記事では、サイトへのアクセスを上げるために、以下の点を紹介します。

  • SEOに有効な施策の紹介
  • SEOに有効なツールの紹介
  • それでも検索順位が上がらない場合の対処方法解説

本記事を読むことで「PVを上げるには何をすればよいのか」理解できるようになりますよ。ぜひ参考にしてください!

目次

SEO対策3選

一通り記事を制作してサイトが完成したら、次は検索エンジンで検索順位が上位になるように対策していきましょう。ここでは特に有効な対策方法を3つ紹介します。

1. ライバル記事より高品質な記事へリライト

想定するライバル記事と自分の記事を比較して、情報の網羅性と記事の読みやすさを比較してみましょう。コンテンツの質や量が劣っている場合はライバル記事より高品質になるようにリライトをしてください。

高品質な記事とは?
  • 検索意図と合致したコンテンツである
  • 網羅性のあるコンテンツである
  • 図や表を活用して読み易い

高品質な記事にリライトするためのヒント

一番の近道は、関連する書籍からヒントを得ることです。すでに出版されているほとんどの書籍はプロの作家さんや編集者が監修しておりお手本となる記事となります。

最近出版された書籍から最新の情報を得ることで、記事のネタ作りにもなるし一石二鳥になります。

2. 情報の最新化を定期的に行う

陳腐化した記事は読者に読んでもらえませんので、定期的にリライトすることをオススメします。その際に関連キーワードの最新化を行うと、ローングテールキーワードによる流入が増えることが期待できます。

情報更新サイクルが早い記事は削除する方が良い場合も

セール情報や新製品の紹介記事はすぐに陳腐化してしまいます。陳腐化を防ぐためには更新頻度を高める必要がありますがその分の手間がかかります。

そのジャンルで収益性が低いのであればそのサイトを削除させる選択肢もあります。そのサイト内にトレンド記事以外にも汎用性のある情報がある場合はトレンド記事のみ削除してしまうのも一つの方法です。

3. 被リンクを増やす

検索エンジンは他のサイトから被リンクが増えるとそのサイト全体の検索順位が上がるアルゴリズムになっています。日々被リンク獲得のためにアンテナをはっておきましょう。

ライバル記事の被リンク先を調査する

Ubersuggest(ウーバーサジェスト)等のサイト分析ツールを利用してライバルサイトの被リンク先を調べることで自サイトの被リンク戦略を練りましょう。

ライバルサイト以上の被リンク獲得となれば、検索順位も上回ることができます。

ホワイトハットSEOのアプローチ

良質な記事を書けば自然と集まる被リンクを期待するというアプローチです。流石に、良質の記事を書いているだけではなかなか被リンクは集まらないので、リンクを貼ってもらう先に直接の交渉をしていくことが必要となっていきます。

ブラックハットSEOのアプローチ

ホワイトハットSEOと対比するSEO対策であり自演リンクを意味します。自然に被リンクを獲得するのではなく、人為的に被リンクを獲得するアプローチとなります。

簡単にその方法を説明すると、自分でリンク元となるミラーサイトを用意して検索順位をあげたいサイトに外部リンクを貼ることです。

SEO対策に有効なツール

ウーバーサジェスト

Ubersuggest(ウーバーサジェスト) を使ったSEO対策 【役に立つ3つの指標の有効な使い方】

ラッコキーワード

ラッコキーワード(旧:関連キーワード取得ツール)はSEO対策に必須! 【登録方法と使い方の解説】

検索順位改善が見込めない場合はテーマ変更

サイトが完成してから数ヶ月経つとSearch consoleを使うことでPVや検索順位の推移が可視化できますが、SEO対策を行っても検索順位があがらないこともあります。

例えば、大手企業や大手メディアのサイトで検索結果で独占されている場合は、今後SEO対策を行っても検索順位の改善は見込めない可能性が高いです。そのような場合はサイトのテーマを再考する必要があります。

サイト規模の適正化

検索順位をあげる対策の一つとしてサイト規模を適正化があります。一度サイトを作ったあとテーマを広げすぎてしまったり狭すぎたりするのを修正することで、SEO対策となります。

雑記ブログから特化ブログへ変更

最近のブログアフィリエイトのトレンドとしては、雑記ブログで検索順位を上げるのは難しくなっています。なぜなら、検索エンジンはより専門性の高い記事を期待しているからです。

記事は可能な限り専門的な領域まで執筆することが期待されています。雑記ブログでは広く浅い記事群のブログとなる傾向にあるので、雑記ブログから特化型ブログに業態を変えるとより専門性の高いサイトになります。

詳しい方法は下にまとめまていますので、参照ください。

【WordPress】雑記サイトからマルチドメイン化の手順

サイト構成の変更【別ドメイン化、サブドメイン化、サブディレクトリ化】

記事が増えていくと専門性を高めるためにメインサイトとは別のサイトとして管理した方が良い場合があります。

ワードプレスでマルチタスク機能の実装方法を以下の記事で紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

【WordPress】サブドメイン運用のメリットとデメリットについて

まとめ

本記事では検索エンジンで検索上位を目指すためのSEO対策方法について解説していきました。

基本的にSEO対策は、Search consoleを正しく分析することでその有効な対策方法が得られます。特に初心者に注意して欲しいのが優先順位です。アクセス増加を見込めないテーマの記事の検索順位を上げる努力を省くなど意識していきましょう。

では、この記事を参考にしていただいてPV増加対策にチャレンジしてみてください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

・在宅勤務の会社員
・趣味・得意分野
⇨VPNヘビーユーザー
⇨テック分野が好物(人工知能関連、スマホ、通信)

【管理サイト】
OToKuGET.net
人工知能ノオト|AI NOTE
特化ブログの作り方まとめ
スポーツVOD.com
NFT NOTE

目次
閉じる