サイト売買はラッコM&Aがベスト【オススメする4つの理由】

「サイトM&Aについて詳しく教えて…?」

「既存のアフィリエイトサイトを購入できるって聞いたけど、どうやるの?」

「個人サイトの売買はどの仲介業者がベスト?教えて!」

WEBサイトの運営には一からサイトを構築する方法とは別に既存サイトを譲り受ける方法があります。サイトM&Aといいますがその最大の利点はサイトを構築する労力の最小化となります。

通常、サイトM&Aは買い手、売り手双方にメリットある取引となるべきですが、利用する仲介業者によって案件や手数料が異なるため、仲介業者の選定はサイト売買が成功するかどうかにおいて最重要となります。

この記事ではサイトM&Aを最大限に利用できるように、次の点を解説していきます。

  • サイトM&Aについての解説
  • サイトM&A仲介業者「ラッコM&A」の利点を解説
  • 「ラッコM&A」が個人のサイト売買に適する理由の解説

この記事を参考いただくことでサイトM&Aについて理解を深めることができます。ぜひサイトM&Aを利用してブログ運営にトライしてみてください。

目次

サイトM&Aとは?

企業M&Aと言えば「企業同士の合弁や買収・売却」を意味しますが、サイトM&Aは保有するウェブサイトを買収・売却することを指します。

2006年のGoogleがYouTubeを買収した大型M&A事例を筆頭に、ここ十数年の間ウェブサイトのM&Aが盛んに行われています。

サイトM&Aの売買対象のウェブサイトは収益性の高いサイトに限定されるわけではなく、実際に収益の無いサイトであっても売買対象となっていることがサイトM&Aのニーズが高い理由です。

既存サイトが売却される主な理由
  • 管理するサイトの選択と集中
  • サイト管理のリソース不足、低収益性
  • ブログ運営を継続するモチベーションの低下
  • サイト売却による資金獲得

サイト売買の相場

サイトの査定方法は各M&A仲介業者によって異なりますが、凡そ、月々の収益額に基づいて算出されます。例えば、月々の収益が10万円として、今後価値が継続するサイトであると査定された場合は24カ月分の利益を考慮して、10万円 × 24カ月分として計算され「240万円程度」が査定額になります。

各仲介サイトでは「自動査定」サービスを提供しているので、それを利用して確認してください。どの仲介サイトでも詳細の算出方法は非公開となります。

ECサイト、時事関連、芸能エンタメを扱うサイトは継続的に利益をあげるのが難しいためサイトの査定額は低い傾向になっています。
現在、個人ブロガーにもっとも人気の高いサイトはASP広告で利益を得る特化型のアフィリエイトサイトです。

サイトM&Aでサイトを購入する利点

サイトのベースを即座に手にできる

個人でサイトを運営する場合、ゼロからサイトを立ち上げるのは大変な労力が必要です。また、サイト設計やコンテンツの作成、SEO対策など施し、検索順位を上位に上げるまで最低半年もの時間がかかります。

サイトM&Aで既に完成された既存サイトを譲り受けてサイト運営を始めることで、サイト設計や記事作成などのコンテンツ作成の大部分を省くことができます。SEO対策からサイト運営をスタートできるので、収益化までの作業を大幅に短縮できます。

新規ジャンルへの参入容易化

近年、アフィリエイトサイトの特徴としてジャンルを細分化した特化型ブログが主流になりつつあります。よって、広く浅いコンテンツを提供するサイトよりも、ニッチで深堀された専門サイトが高く評価される傾向です。

特化型サイトの構築には必然的にコンテンツを深堀りする必要があるため、コンテンツを製作するために多くの労力を必要とするため、既存のサイトそのものを譲り受けることで、即座に新規ジャンルへの参入を実現できます。

サイトM&A購入の注意点

サイトM&Aは初心者向けではない

既存のサイトを譲り受けただけでは継続的な収益化は難しいです。引き継いだサイトを定期的に更新していかなくてはいけません。よって、継続してサイト運営ができる経験が必須となるため初心者にはおすすめしません。

メンテナンスフリーで収益化できるサイトも存在しますが、サイトの売買額は高額に査定されています。

購入するサイトのテーマ選びは慎重に

売りに出されるサイトが買い手の趣向に完全に合致することは稀です。譲渡後にある程度の変更を加える必要があります。

譲り受けたサイトのテーマを大幅に変更することは、既に蓄積されたドメインパワーの喪失につながるので、購入するサイトのテーマ選びは慎重に行いましょう。

サイトM&Aでサイトを売却する利点

サイトの運営には「人・モノ・カネ・情報」といったリソースが継続的に必要となるため、既存サイトの売却(譲渡)は合理的な一つの選択肢となります。

サイト売却の注意点

無料ブログは売買不可

無料ブログ(Ameba、Livedoor、FC2、等)は、作成者にブログの所有権がないためサイトM&Aの対象外です。自らが独自ドメインを取得しWordPressなどで作成したサイトがサイトM&Aの対象となります。

売買可能なサイト

・自身が作成・所有しているサイトであること
・独自ドメインであること(無料ブログはNG)

個人ブロガーがラッコM&Aでサイト売買すべき理由

今回この記事で紹介する「ラッコM&A」は、現在のところ個人ブロガーのサイト売買においてもっともおすすめな仲介業者となります。次にその理由を解説していきます。

豊富な売り案件

ラッコM&Aでは、売り手側のサイト売却手数料は完全無料となり、これがラッコM&Aに多くの既存サイトの売り案件が集まる理由です。買い手は豊富な案件からサイトを選ぶことができるのが特徴です。

サイト売買ならラッコM&A
サイト売買のラッコM&A|2021年成約数No.1+売却手数料無料 サイト売買(サイトM&A)なら2021年成約数No.1のラッコM&Aへ。最短3時間のスピード売却の実績あり。売却手数料は完全無料。 無料弁護士相談ができて契約書自動生成・電子契...

個人アフィリエイトサイトに強み

ラッコM&Aの母体となるラッコWEBサービスは、Webサイト運営に関する様々なサービスを提供しています。特に「ラッコキーワード」は、サイトアフィリエイターにとって必須ツールとなっているので、アフィリエイトサイトとラッコM&Aの親和性が高く、個人運営のアフィリエイトサイトの売買に最適となります。
無料サジェストキーワード検索ツール「ラッコキーワード」 有効な使い方を解説

ラッコM&Aの成約案件実績をみると、売主においては法人が約3割に対し個人は約7割買主においては法人が5割に対し個人は5割と個人の売買の比率が多いことが特徴となります。現在、ラッコM&Aはもっとも活気のある個人によるサイト売買が行われています。

他社にない機能が充実

ラッコM&Aは後発のM&Aサービスということで「無料弁護士相談」「契約書自動生成」「電子契約連携」「Googleアナリティクス連携」「入金確認の自動化」「自動査定」などの、さまざまな機能を提供しています。

特に自動化機能の充実しており売買を容易あることが個人に人気の要因となっています。さらに、自動化によって成約がスピーディーに完了できるため売り手・買い手両方にメリットがあるも特徴です。

手数料は業界最安の55,000円~(購入手数料は無料)

ラッコM&Aでサイトの成約時の手数料は次の通り業界最安の料金設定となります。

仲介業者買い手の成約手数料サイト移行代行
ラッコM&A成約金額の5%
最低利用料金55,000円
33,000円
サイト売買Z成約金額の3~10%
最低利用料金55,000円
22,000円
サイトキャッチャー成約金額の3%
最低利用料金55,000円
無料
サイトストック成約金額の3%
最低利用料金55,000円
無料

まとめ

この記事では、中古サイトをサイトM&Aを利用して売買する利点・欠点について解説してきました。中古サイトを購入するか新規に立ち上げるかどちらが良いかはケースバイケースとなるため、将来のサイト運営の方向性から選んでください。

特にラッコM&Aでは個人のサイト売買が容易にできるための、ぜひ利用してみてください。

本記事のまとめ
  • サイトM&Aを利用することで事前準備なしでサイト運営を始めることができる
  • 継続的に収益を得るには引き継いだサイトを更新していく必要があり、サイト初心者にはおすすめしない
  • ラッコM&Aには豊富な個人アフィリエイトサイトの案件が集まるため、個人ブロガーに最適な仲介業者である

本サイトではブログアフィリエイトの収益を上げる情報を提供しています。以下の記事ではPVを増加させるためのサイトの制作方法を紹介しています。ぜひこちらも参考にしてください。
検索順位がみるみる上がる『特化型ブログ』の作り方 【キーワードを意識したサイト設計がポイント】

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

・在宅勤務の会社員
・趣味・得意分野
⇨VPNヘビーユーザー
⇨テック分野が好物(人工知能関連、スマホ、通信)

【管理サイト】
OToKuGET.net
人工知能ノオト|AI NOTE
特化ブログの作り方まとめ
スポーツVOD.com

目次
閉じる