サイトM&Aで既存サイトを購入するメリット 【ラッコM&Aでアフィサイト売買する理由4選】

Blog

「サイトM&Aってなに…?」

「既存のサイトを購入できるって聞いたけど、どうやるの?」

「サイトM&Aはどこに頼めば良いか教えて!」

WEBサイトの運営は、一からサイトを構築するのではなく、既存サイトを譲り受ける方法があります。サイトM&Aといいますがその最大の利点はサイト構築の労力の最小化です。

実は、サイトM&Aは買い手、売り手双方にメリットのある取引となるり、サイト運営を始めるにおいて一つの選択肢になり得ます。

この記事ではサイトM&Aを有効に利用できるように、次の点を解説していきます。

  • サイトM&Aについての解説
  • サイトM&A仲介業者の「ラッコM&A」の利点を解説

この記事を参考にいただいてサイトM&Aについて理解を深めることができます。ぜひサイトM&Aを利用してブログ運営にトライしてみてください。

執筆者
hitoshi

・在宅勤務の会社員
・趣味・得意分野
⇨VPNヘビーユーザー
⇨テック分野が好物(人工知能関連、スマホ、通信)
clusterユーザー(ID : @Hitoshi77)

【管理サイト】
お得情報発信 | OToKuGET.net
人工知能ノオト|AI NOTE
特化ブログの作り方まとめ

hitoshiをフォローする

サイトM&Aとは?

企業M&Aと言えば「企業同士の合弁や買収・売却」を意味しますが、サイトM&Aは保有するウェブサイトを買収・売却することを指します。

2006年のGoogleがYouTubeを買収した大型M&A事例があったり、ここ十数年の間ウェブサイトのM&Aが活況を呈しています。サイトM&Aの売買対象のウェブサイトは収益性の高いサイトに限定されるわけではなく、実際に収益の無いサイトであっても売買対象となりえます。

既存サイトが譲渡される理由
  • 管理するサイトの選択と集中
  • サイト管理のリソース不足、低収益性
  • ブログ運営を継続するモチベーションの低下
  • サイト売却による資金獲得
アシスタント
アシスタント

サイトの運営には「人・モノ・カネ・情報」といったリソースが必要なので、

既存サイトの売却(譲渡)は合理的な選択肢となります。

サイト売買の相場

サイトの査定方法は各M&A仲介業者によって異なりますが、凡そ、月々の収益額に基づいて算出されます。例えば、月々の収益が10万円として、今後価値が継続するサイトである場合24カ月分とし、10万円 × 24カ月分として計算すると「240万円程度」が査定額になります。

各サイトM&Aの仲介サイトではサイトの「自動査定」サービスを提供しているので、それで確認してください。詳細の算出方法は非公開となります。

アシスタント
アシスタント

ECサイトは運営が難しいため査定額が下がる傾向です。

ASPを利用したアフィサイト売買の人気が高いです。

サイトM&Aでサイトを購入する利点

サイトのベースを即座に手にできる

個人でサイトを運営する場合、ゼロからサイトを立ち上げるのは大変な労力が必要です。また、サイト設計やコンテンツの作成、SEO対策など、軌道に乗せるまで多大な時間がかかります。

特化型ブログ製作プロセス

サイトM&Aで既に完成された既存サイトを譲り受けてサイト運営を始めると、サイト設計と記事作成などのコンテンツ作成の大部分を省くことができます。SEO対策からサイト運営をスタートできるので、収益化までの作業を大幅に短縮することができます。

アシスタント
アシスタント

時事関連やエンタメを扱うサイトはコンテンツが陳腐化するため、

継続的にコンテンツの更新が必要です。

新しいジャンルへの参入容易化

近年のアフィリエイトサイトの特徴として、ジャンルを細分化した特化型ブログが主流になりつつあります。つまり、広く浅く取り扱っていたテーマよりも、テーマは狭いが深堀された情報の需要が高い傾向になります。

特化型のサイトの構築には必然的にコンテンツを深堀りする必要があるため、コンテンツを製作するのに多くの労力が必要となります。

サイトそのものを譲り受けることで、即座に新しいジャンルへの参入を実現できます。

サイトM&Aの注意点

サイトM&Aは初心者向けではない

既存のサイトを譲り受けただけでは継続的に収益化することは難しいです。引き継いだサイトを定期的に更新していく必要があります。

そのため、継続してサイト運営ができる経験が必要であり初心者にはおすすめしません。

アシスタント
アシスタント

メンテナンスフリーで収益化できるサイトも存在しますが、

サイトの売買額は高額になります。

無料ブログは売買不可

無料ブログ(Ameba、Livedoor、FC2、等)は、作成者にブログの所有権がないため、サイトM&Aの対象外となります。自らが独自ドメインを取得し、WordPressなどで作成したサイトが対象となります。

売買可能なサイト

・自身が作成・所有しているサイトであること
・独自ドメインであること(無料ブログはNG)

購入するサイトのテーマ選びは慎重に

売りに出されるサイトが買い手の趣向に完全に合致することは稀です。譲渡後にある程度の変更を加える必要があります。

譲り受けたサイトのテーマを変更することは、既に蓄積されたドメインパワーの喪失につながるので、購入するサイトのテーマ選びは慎重にしましょう。

アシスタント
アシスタント

ある程度知見のあるテーマを選ぶことをおすすめします。

ラッコM&Aでサイト購入をする理由

豊富な売り案件

実は、ラッコM&Aでは、売り手側のサイト売却手数料は完全無料となっています。これが、ラッコM&Aのもっとも特徴的な料金設定となっています。売却手数料が無料ということで多くの売り案件が集まってくるので、買い手側は豊富な案件から探すことができます。

サイト売買ならラッコM&A
サイト売買ならラッコM&A。売却手数料が無条件で完全無料。個人・法人問わず売買が活発!アカウント/アプリ売買や代理人としての取引も可能。無料弁護士相談・自動サイト査定・GA連携・契約書自動生成・電子契約・エスクローによる安心取引等、充実のサポート!

個人アフィリエイトサイトに強み

ラッコM&Aの母体となるラッコWEBサービスは、Webサイト運営に関する様々なサービスを提供しています。特に「ラッコキーワード」は、サイトアフィリエイターにとって必須ツールとなっているので、アフィリエイトサイトとラッコM&Aの親和性が高く、個人運営のアフィリエイトサイトの売買に最適となります。

無料サジェストキーワード検索ツール「ラッコキーワード」 有効な使い方を解説

他社にない機能が充実

ラッコM&Aは後発のM&Aサービスということで「無料弁護士相談」「契約書自動生成」「電子契約連携」「Googleアナリティクス連携」「入金確認の自動化」「自動査定」などの、さまざまな機能を提供しています。

主に自動化の機能が充実しているため、成約がスピーディーに行うことが可能であり、売り手、買い手両方にメリットがあるのが特徴です。

手数料は業界最安の55,000円~

ラッコM&Aでサイトの成約時の手数料は、成約金額の5%、及び、最低利用料金は55,000円(税込み)がかかります。

買い手の成約手数料サイト移行代行
ラッコM&A成約金額の5%
最低利用料金55,000円
33,000円
サイト売買Z成約金額の3~10%
最低利用料金55,000円
22,000円
サイトキャッチャー成約金額の3%
最低利用料金55,000円
サイトストック成約金額の3%
最低利用料金55,000円

まとめ

この記事では、中古サイトを利用してブログを始める方法を解説してきました。一からブログを立ち上げるか、中古サイトを利用するかどちらが良いかはケースバイケースとなります。

サイトM&Aは一つの選択肢として考慮していきましょう。

本記事のまとめ
  • サイトM&Aを利用することで即座にサイト運営を始めることができる
  • 継続的に収益を得るには引き継いだサイトを運営する必要があり、サイト初心者にはおすすめしない
  • ラッコM&Aでは、豊富なアフィリエイトサイトの取り扱いがあり、個人アフィリエイターにおすすめの仲介業者

ブログアフィリエイトを始める方のために、PVを増加させるためのサイトの制作方法を紹介しています。こちらの記事もみてみてください。

検索順位がみるみる上がる『特化型ブログ』の作り方 【キーワードを意識したサイト設計がポイント】

タイトルとURLをコピーしました