外出先でPCのインターネット接続方法【楽天モバイルのテザリングがオススメ】

外出先でノートパソコンを使ってデータ通信したいけど、どうすればよいの?

モバイル通信費用を節約したい…!

テザリングやモバイルWi-Fiの選び方を教えて!

出張など外出先でノートパソコンをインターネット接続が必要な場合は、公共のFree Wi-Fiを利用するか4G,5Gのモバイル通信網を利用する方法があります。しかしながら、Free Wi-Fiはエリアが限定され通信速度などを勘案するとビジネスでの利用には不向きであり、モバイル通信網利用がオススメです。

そこで本記事では、快適・安全かつ格安に出先でノートパソコンをインターネット接続するために、以下の点を解説します。

  • 外出先でノートパソコンをインターネットに接続する手段
  • 大容量データ通信用途通信プランの選び方
  • 「テザリング」に適したスマホ契約の紹介

この記事を読むことで、外出先で快適にノートパソコンでインターネット通信ができる様になります。ぜひ参考にしてください。

タップできる目次

外出先でPCをインターネット接続する方法

いにくいです。また、ポケットWiFiは追加の契約が必要になってきます。実はこれらの他に、追加の契約不要でスマホのテザリング機能を利用する方法があります。

ノートパソコンの最大の利点は持ち運び可能なことです。自宅のWi-Fi環境の範囲内ならどこでもデータ通信可能ですし、外出先でも公共Wi-Fiやモバイル通信網を利用することで家の中と同様にノートパソコンでインターネット通信ができます。

外出先でノートパソコンを使う利点
  • 場所を選ばず仕事などの作業ができる
  • 文書作成や表計算などスマホでできないことができる
  • 大画面で物理キーボードを使って快適に操作できる

外出先でインターネットを利用する手段は次の3つが考えられます。

公共Wi-Fi

街中で利用できるFree Wi-Fiは外出先でノートパソコンやスマホ、ゲーム機などを無料でインターネット接続できますが、その反面、「通信内容ののぞき見」「なりすましアクセスポイント」等の通信の傍受(ハッキング)が割と容易となります。

公共Wi-Fiのメリット
公共Wi-Fiのデメリット
  • 無料
  • 限定された利用エリア
  • 通信速度が遅い
  • セキュリティー対策が必須

公共のWi-Fiを利用する際のセキュリティー対策

Free Wi-Fiのセキュリティー対策はこれら3つの方法が考えられますが、もっとも安全なVPN接続の利用がオススメです。

FreeWi-Fi利用時のセキュリティー対策方法3選
  1. httpsのサイトのみ閲覧する
  2. 鍵マーク付きのWi-Fiを利用する
  3. VPN接続を利用する
    VPNの裏技的な使い道6選【簡単にできるお得な活用方法まとめ】

モバイルWi-Fi

一昔前に主流であった方法です。通信エリアが限定されませんが、追加契約と専用デバイスが必要となるのが欠点です。自宅用データ通信に使えるのもポイントです。

モバイルWi-Fiのメリット
モバイルWi-Fiのデメリット
  • エリアが限定されない
  • 20GBを超えるデータ容量で割安
  • 自宅用通信に利用可能
  • 大容量通信プラン契約が必須
  • 追加契約が必要
  • 追加デバイスが必要

スマホのテザリング機能

新しく主流になりつつある方法がこちらです。追加のモバイル通信の契約、デバイスの追加購入が不要となりスマートフォンの機能の一つであるテザリングを利用します。

テザリングのメリット
テザリングのデメリット
  • エリアが限定されない
  • 追加契約必要無し
  • 追加デバイス不要
  • 大容量通信プラン契約が必須

モバイルWi-Fiとテザリングの料金比較

以下にモバイルWi-Fiとスマホのテザリングを利用した通信のサービス費用の比較です。

頻繁に外出先でノートパソコンを使ってデータ通信をすると簡単に20GBの通信容量を超過します。楽天モバイルでは、楽天モバイルの通信エリア内なら無制限で通信可能なのでオススメです。

スクロールできます
接続方式サービス名通信容量最大通信速度料金通信回線
テザリング楽天モバイルエリア内:無制限
エリア外:5GB/月
150Mbps段階性
20GB以上 3,278円
3-20GB 2,178円
1-3GB 1,078円
0-1GB 0円
楽天モバイル
エリア外:KDDI
テザリングahamo20GB/月2,970円
スマホ料金のみ
NTTドコモ
テザリングIIJmio20GB/月2,068円
スマホ料金のみ
NTTドコモ
テザリングpovo20GB/月2,728円
スマホ料金のみ
KDDI
テザリングmineo
(20GBプラン)
20GB/月2,178円
スマホ料金のみ
KDDI
テザリングLINEMO20GB/月2,728円
スマホ料金のみ
ソフトバンク
モバイルWi-FiMugen WiFi100GB/月150Mbps3,718円クラウドSIM
モバイルWi-FiそれがだいじWiFi50GB/月150Mbps2,948円ソフトバンク
モバイルWi-Fi100GB/月150Mbps3,718円ソフトバンク
Wi-Fi利用できる通信容量20GB以上のプラン

オススメの契約プラン

大容量通信にオススメのプランは次の通りです。

楽天モバイルエリア内利用
  • データ通信が無制限に利用可能な楽天モバイル「UN-LIMIT VI」が最適
月に20GB以上かつ楽天モバイルエリア外利用
  • モバイルWi-Fiの利用が割安
月に20GB以下かつ楽天モバイルエリア外利用
  • IIJmio(20GBプラン)、または、「ahamo」「povo」「LINEMO」

・IIJmioの通信上限を超過した場合、最大300kbpsに制限される
・「ahamo」「povo」「LINEMO」は、通信上限を超過した場合最大1Mbpsに制限される

楽天モバイルを契約する時の注意点

今日現在、楽天モバイルの自社回線エリアはドコモ、AU、ソフトバンクと比較してかなり狭いのが唯一の欠点です。現在のところKDDI回線のローミングが可能でありエリア補完されますが、月に5GBのデータ量を超過すると最大1Mbpsの通信制限がかかります。

制限時でもメールやブラウジング等の通信なら不便なく利用できますが、通信量が多いノートパソコンではかなり不便になります。

ノートパソコンを利用するエリアが楽天モバイルの通信エリア内であるか確認が必須

オススメのテザリング端末

楽天モバイル対応端末

楽天モバイルのテザリングを使う場合は『楽天モバイル対応端末』の使用が必須となります。

楽天モバイルは2021年5月からiPhoneも正式対応端末としました。iPhoneの利用も可能です。

まとめ

この記事では、外出先で大容量データ通信のための適切な契約プランを紹介しました。楽天モバイルのエリア内であれば、楽天モバイルのRAKUTEN UN-LIMIT VIIを利用することで、追加のデバイスが不要で格安かつ快適にノートパソコンでデータ通信可能です。ぜひ検討してみてください。

現在楽天モバイルでは、iPhone13の乗り換えセール実施中です。格安で最新のiPhoneを入手できるチャンスなのでお見逃しなく。

\初めての申し込みで最大24,000円分のポイントGet!/

この記事をSNSでシェアしてね!
タップできる目次