楽天モバイルのフォトニックメッシュ型モバイルバックホールネットワーク

Mobile

こんにちは、hitoshiです。

今年、第4の携帯電話事業者としてキャリアに加わった楽天モバイルですが、4Gと5Gネットワーク向けにNOKIAのフォトニックメッシュ型モバイルバックホールネットワークという技術を利用しています。

この記事では、フォトニックメッシュ型のモバイルバックホールネットワークについて説明することで、楽天モバイルの先進性について解説したいと思います。

執筆者
hitoshi

神奈川在住の会社員
・在宅勤務の傍ブログ運営しています。
・2020年7月 G検定合格しました。
・英会話を勉強中です。
cluster ID : @Hitoshi77

管理サイト
得情報発信 | OToKuGET.net
G検定完全攻略サイト
特化ブログの作り方まとめ

hitoshiをフォローする

フォトニックメッシュ型モバイルバックホールネットワークとは?

まず、この意味は何なのかを考えていきましょう。形容詞を分解してみると、わかりやすくなりました。

「フォトニックネットワーク」「メッシュ型ネットワーク」「モバイルバックホールネットワーク」

それぞれの意味をググって調べてみると、割と直感的にイメージできる内容でした。

フォトニックネットワークとは
ネットワークの転送機能を光領域で処理するということ → 速い!

メッシュ型ネットワークとは
「線の配置が網の目」のネットワーク → 張り巡らされた!

モバイルバックホールネットワークとは
街頭などにある無線基地局と、最寄りの拠点施設(コアネットワークとの接続点)を繋ぐ固定回線網。携帯電話回線(移動体通信網)は無線基地局と繋がる → 基地局までのネットワーク!

ということで、フォトニックメッシュ型モバイルバックホールネットワークの意味は、

「速くて張り巡らされた基地局間ネットワーク」ということです。

結局のところ楽天モバイルのネットワークはどういうものか?

要するに、NOKIAのネットワーク技術(波長ルーティング技術)により、楽天モバイルはネットワーク帯域幅を簡単かつ柔軟に拡大可能になることで、4Gおよび5Gサービスを迅速に展開できるようになります。

具体的には、ベースバンド装置(BBU:Base Band Unit)と無線基地局(RRH:Remote Radio Head)間ネットワークに、世界初となる完全仮想化クラウドネイティブネットワークに対応した5GオープンvRAN(仮想化RAN)を用いることにより、低コストでネットワークを構築できるわけです。

タイトルとURLをコピーしました