新型Apple TV 4Kでできること5選 【旧型との比較と対応アプリの解説】

Gadget

「新型Apple TV 4Kが発表されたけど、何が変更になるの?」

「同じようなストリーミング端末との違いを教えて!」

「Apple TVの対応してるアプリを教えて…!」

2021年4月21日にAppleのオンラインイベント「Spring Loaded.」で新型Apple TVが発表されました。予約注文は2021年4月30日から発売は5月31日となります。

今現在、Apple社のメディアストリーミング端末は「Apple TV HD」「Apple TV 4K」の2機種が販売されていますが、今回は「Apple TV 4K」のみアップデートされることになります。

新型Apple TV 4Kは旧型と比較して格段性能向上するため、これからにメディアストリーミング端末を購入を予定している方には、ぜひ検討して頂きたい端末となります。

メディアストリーミング端末とは?
  • テレビやPC用のディスプレイで動画アプリを配信するためのデバイス
  • ケーブルテレビのウェブ版と言われている

同様機能の製品としては、Amazonの「Fire TV Stick」とGoogleの「chromecast」になりますが、この記事ではこれらの製品と新型Apple TVを比較することで、どのデバイスを購入すべきか解説をします。

執筆者
hitoshi

神奈川在住の会社員
・在宅勤務の傍ブログ運営しています。
・2020年7月 G検定合格しました。
・英会話を勉強中です。
cluster ID : @Hitoshi77

管理サイト
得情報発信 | OToKuGET.net
G検定完全攻略サイト
特化ブログの作り方まとめ

hitoshiをフォローする

メディアストリーミング端末の比較

各社製端末の仕様を比較すると次の通り、スマホからの操作ではなく専用リモコンで操作するデバイスが主流になっています。なお、現在の市場シェアはFire TV Stickが1位となっています。

デバイス定価プロセッサー最大画質ストレージ専用リモコン
Fire TV Stick4,980円4コア
4×1.7GHz
フルHD8GB
Fire TV Stick 4K6,980円4コア
4×1.7GHz
4K画質8GB
Chromecast5,073円非公表フルHD非公開
Chromecast
with Google TV
7,600円非公表4K画質8GB
Apple TV HD17,380円2コア
2×1.5 GHz
フルHD32GB
Apple TV 4K
32GB
21,800円6コア
2×2.5GHz
4×1.5GHz
4K画質32GB
Apple TV 4K
64GB
23,980円6コア
2×2.5GHz
4×1.5GHz
4K画質64GB
デバイス定価プロセッサー最大画質ストレージ専用リモコン
メディアストリーミング端末の比較

Fire TV Stickシリーズ



Chromecastシリーズ


Apple TVシリーズ

AppleTVは他と比較すると約3倍もの価格設定となっています。「Apple TV 4K」は性能がパワフルな分高額の設定になるが「Apple TV HD」はコスパが低くなります。

Apple TVシリーズを購入する場合は「Apple TV 4K」を強くオススメします。



Apple TVでできること5選

1. 動画を見る

Apple TVでは、iTunes Storeで映画を購入もしくはレンタルが可能です。また、次の動画アプリで24時間いつでも好きな映画やビデオを自宅の大画面のモニターで楽しむことができます。

徐々にこれらの配信動画は4K化コンテンツが充実してきてるので、Apple TV 4Kの需要はさらに大きくなっていく見込みです。

残念ながら、人気のテレビ番組の見逃し配信サービス「TVer(ティーバー)」は残念ながら対応してないため、Apple TVで視聴する場合はiPhoneなどからAirplayで投影する必要があります。

対応する動画アプリ

  • Abema TV
  • Amazon Prime Video
  • Apple TV
  • dailymotion
  • DAZN
  • iTunes
  • Youtube
  • Netflix
  • Disney THEATER
  • Hulu
  • U-NEXT
  • FOD
  • dTV
  • niconicoTV
  • Vimeo
  • Rakuten TV
  • videomarket
  • dplay
  • Paravi(パラビ)
  • Twitch
  • ビデオパス
  • バンダイチャンネル
  • ネットもテレ東

2. ゲームで遊ぶ

App Storeでは、Apple TVに対応しているさまざまなゲームアプリを配信しています。ゲーム専用のコントローラも利用できます。

3. AirPlay(エアプレイ)

「AirPlay (エアプレイ)」とは、iPhoneやiPad等のApple社端末に保存されている「写真」「動画」「音楽」のファイルをワイヤレスでテレビやスピーカーにキャストする機能です。

iPhoneで取った写真や動画のデータをテレビにキャストして家族と一緒に見たりすることができるためiPhoneと相性が良い機能になります。

「Fire TV Stick」でもサードパーティー製アプリを利用してAirPlayを使えるのですが、AppleTVの様に高速でシームレスに利用することはできません。

4. Macの画面をテレビに投影

AppleのパソコンMacから画面をApple TVに投影することができます。操作は簡単で、Macのメニューバーにある「AirPlay ディスプレイ」ボタンをクリックするだけです。

投影方法は「ディスプレイのミラーリング」と「マルチディスプレイとして使用」から選択できます。この機能を使うと無線によるマルチディスプレイが可能になります。

5. クラウドサービス「iCloud」利用

Apple TVではAppleのクラウドサービスiCloudを利用できます。iCloudに保存されている写真や動画をiPhoneから投影せずに画面表示することが可能です。

まとめ

今回は、各メディアストリーミング端末の比較と、AppleTVでできることについて紹介していきました。各メーカーの製品と共通でできることと、AppleTVのみで出来ることがあります。

実際のところ、Apple TVはFire TV Stickやchromecastよりも強気の価格設定になっていますが、Appleのエコシステムを思う存分体感したい方におすすめのデバイスです。

まずは、動画配信でやりたいことを想定してから、どれにするか比較検討することをお勧めします。

Apple TVを選ぶべき人は
  • 普段からiTunes storeで映画やビデオを購入・レンタルしている場合
  • iPhoneやiPadなどからAirPlayを通じてテレビやディスプレイへ高速にミラーリングしたい
  • Apple社のクラウドサービスiCloudのデータをミラーリングしたい
  • 高性能のプロセッサでサクサク作動させたい
タイトルとURLをコピーしました