【音声通話の無料運用】楽天モバイルのWi-Fi callingは超絶お得!

楽天モバイルの通信プラン「Rakuten UN-LIMIT VII」の特徴は通話料金無料・定額データ通信無制限プランの格安設定ですが、NTTドコモやKDDIと比べると繋がり易さが劣るのが唯一の欠点になります。

現在、楽天モバイルの通信品質に満足している場合はそのまま継続して利用するのもよいのですが、楽天モバイルのWi-Fi callingとNTTドコモやKDDIのデータ通信を組み合わせることでさらに使い勝手が改善します。

この記事では、「Rakuten UN-LIMIT VII」の無料通話を継続利用しながら弱点である通信品質を補完する方法として、以下の点を解説していきます。

  • Rakuten UN-LIMIT VIIのプランについて
  • 通信大手4キャリアの料金比較
  • Wi-Fi callingの上手な運用方法

この記事の内容をそのまま実践いただくことで、スマホで格安無料通話運用ができます。ぜひ参考にしてください。

タップできる目次

Rakuten UN-LIMIT VIIのプラン紹介

月額利用料金

利用料金は以下の通り、通信料に応じて段階的に料金が上がっていきます。特徴的な点としてはどれだけデータ通信を使っても上限3,278円で運用可能です。

注意点は、国内のパートナー回線エリアで利用する場合、5GB超過後は最大1Mbpsに通信速度の制限がかかります。

引用元:楽天モバイル

「Rakuten Linkアプリ」利用で国内通話かけ放題

楽天モバイルではRakuten Linkアプリ経由での通話は無料となりますが、実はRakuten LinkアプリはWi-Fi環境でも通話料金が無料となります。

Rakuten Link

Rakuten Link

Rakuten Group, Inc.無料posted withアプリーチ

楽天モバイルの弱点|屋内での繋がりにくさ

楽天モバイルは最後発の携帯キャリアであることから、現在のところNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクと比べて通信エリアが狭いです。

さらに、楽天モバイルの提供する周波数帯は700〜900MHz帯のいわゆる“プラチナバンド”の割り当てがなく大手3キャリアに比べると屋内での繋がり易さが弱点となります。

スクロールできます
バンド周波数帯楽天モバイルNTTドコモKDDIソフトバンク
Band12.0GHz
Band31.7GHz
Band8900MHz
Band111.5GHz
Band18800MHz
(パートナー回線)
Band26800MHz
(パートナー回線)
Band19800MHz
Band211.5GHz
Band28700MHz
Band423.5GHz
各キャリアの提供する周波数帯

大手4キャリアの料金比較

楽天モバイルは段階制の料金ブランとなり、他の大手キャリアと比較して格段に使い勝手が良いです。

スクロールできます
提供事業者楽天モバイルNTTドコモKDDIソフトバンク
サービス名UN-LIMIT VIIahamopovoLINEMO
月額料金0GB-3GB : 1,078円
3GB-20GB: 2,178円
20GB- :3,278円
2,970円1GB-390円/7日
3GB-990円/30日
20GB-2,700円/30日
60GB-6,490円/90日
150GB-12,980円/150日
2,728円
データ容量段階制
通信容量無制限
20GB定額20GB
超過時速度1Mbps
パートナー回線利用時
5Gbps超過後
1Mbps1Mbps1Mbps
通話料無料(国内のみ)22円/30秒22円/30秒22円/30秒
準通話定額
(5分以内の通話の定額)
無料550円/月550円/月
(1年間無料)
通話定額無料1,100円/月1,650円/月1,650円/月
(1年間1100円/月)
家族割割引対象外割引対象割引対象外割引对象外
5G利用可(今夏以降)
キャリアメール提供あり提供なし提供なし提供なし
eSIM対応対応対応対応対応
申込チャネルオンライン・店舗オンラインオンラインオンライン・LINE
その他特徴 海外82カ国での国際ローミング24時間使い放題(200円)など
通信サービスのトッピング追加
LINEカウントフリー

Rakuten UN-LIMIT VIIの運用方法

楽天モバイルの最大の利点は、国内通話料が完全に無料であることです。逆に、弱点は自社回線のエリアが小さいこと、プラチナバンドを利用できないため屋内での通信品質が低いことです。

これらの弱点を許容できない場合は、通信回線として楽天モバイル以外の回線を利用することで貧弱な楽天モバイルのデータ通信をカバーできます。

運用法①:シングルSIM運用(通話・データ通信⇨楽天モバイル)

楽天モバイルの通話機能は、Wi-Fi環境でも利用可能です。Rakuten Linkは「Wi-Fi Calling」という、WiFiを利用する通話やSMSの送受信が可能となり、エリアに不安のある楽天回線でも自宅のWi-Fiで通話できるので安心です。

こういう人にオススメ
  • デュアルSIM対応スマートフォンを保有していない人
  • 楽天通信エリア圏でスマートフォンを利用し、狭い通信エリアを許容できる人
  • 4G/5Gで動画を視聴する様なヘビーユーザー(月に20GB超)

運用法②:デュアルSIM運用(通話回線⇨楽天モバイル/データ通信⇨MVNO)

楽天モバイルの通信エリアに不安な場合は、大手キャリアよりも格安で契約できる格安SIM(MVNO)を利用して、エリアをカバーすることをおすすめします。

こういう人にオススメ
  • デュアルSIM対応スマートフォンを保有している人
  • ドコモ・AU・ソフトバンクエリアで通話・インターネットを利用したい人
  • 各MVNOで通信容量を選ぶことが可能なため通信容量はフレキシブル

デュアルSIM運用方法

STEP
デュアルSIM対応スマートフォンを用意

楽天の通話回線とMVNOの通信回線を同時に使うには、デュアルSIM対応のスマートフォンを利用します。

近年発売のiPhoneや、デュアルSIM対応アンドロイドスマホの中から「eSIM/物理SIM」あるいは「物理SIMx2」の対応機種を用意します。

今なら楽天モバイルのキャンペーンを利用して格安でiPhoneを購入できるのでオススメです。

\初めての申し込みで最大24,000円分のポイントGet!/

STEP
サブ回線にMVNOのデータ通信SIMを設定

主回線に楽天モバイルの回線を設定し、副回線にMVNOのデータ通信SIMを設定します。

オススメのデュアルSIM運用の方法は次の記事で解説しているので、参考にしてください。
おすすめのeSIMプラン|楽天モバイル・IIJmio・LinksMateの併用

まとめ

楽天モバイルの新プラン「Rakuten UN-LIMIT VII」は、大手キャリアの同様プランと比較して圧倒的に料金が安く抑えられ、通話料も無料です。

しかしながら、楽天回線のデータ通信が貧弱であり、自宅のWi-FiやMVNOのデータ通信SIMとデュアル運用して補完することで快適になります。現在、楽天モバイルのデータ通信に不満がある場合は、ぜひ試してみてください。

\初めての申し込みで最大24,000円分のポイントGet!/

この記事をSNSでシェアしてね!
タップできる目次