iPadを長く使うためのコツ3選 【大事に使って買い換え時に下取りに出すのがベスト】

Gadget

「iPadを長く使いたいのだけど…、どうすればよいの?」

「iPadの買い換えのタイミングを教えて!」

「iPadを安く購入する方法は?教えて!」

電化製品は劣化や故障等で寿命になると買い換えなくてはいけないですが、高額な製品となると可能な限り長く使いたいですよね。実は電化製品はそれなりのテクニックを駆使することで長持ちさせることができるのです。

この記事では電化製品の中でも高額かつ買い換えサイクルの早いiPadを長く使うために、以下の点を紹介していきます。

  • iPadを長く使うテクニックの解説
  • iPadの買い換えるタイミングの解説
  • 格安でiPadを購入する方法の紹介

本記事を読むことでiPadを可能な限り負担が少なく買い換えることができる様になりますよ。ぜひ試してみてください。

\今なら30日間返金保証付で販売中/
\今なら30日間返金保証付で販売中/
執筆者
hitoshi

・在宅勤務の会社員
・趣味・得意分野
⇨VPNヘビーユーザー
⇨テック分野が好物(人工知能関連、スマホ、通信)
clusterユーザー(ID : @Hitoshi77)

【管理サイト】
お得情報発信 | OToKuGET.net
人工知能ノオト|AI NOTE
特化ブログの作り方まとめ

hitoshiをフォローする

iPadを買い換えるきっかけ

電化製品は仕様していくと徐々に劣化していきますが、可能な限り買い換えたくないですよね。スマホとかタブレット端末とか数万円するガジェットは特に。今回私の場合は以下のトラブルがあって、買い換えをする決断をすることになりました。旧モデル購入からおおよそ3年弱での買い換えです。

-充電が30%ぐらいのときに突然シャットダウンする
-通常のバッテリーの減りが異常に早い

バッテリーの劣化が原因です。実はiPadの外観は、特に大きなキズもなくてまだまだ使えそうな感じでした。大事にiPadを使っていても利用時間が長いとバッテリの劣化が寿命になってしまいます。

iPadを長く使うコツ

長年iPadを使っている私から、皆さんにぜひおすすめしたいのがこのケースです。私は以前からこのケースを使っていますが、多少荒っぽい使い方をしても、画面割れとかの故障は起こっていません。

画面割れの心配がある方あるいは、Appleの保険に入りたくない方は、是非試してみてください。

このケースは、頑丈であることの他に、「オレンジ」「グリーン」「パープル」「ピンク」「ブラック」「ブルー」「レッド」の多色から好みの色を選ぶことができます。我が家では、今までグリーンをチョイスしていましたが、今回は気分一新して、ブルーにしました。


新旧のiPad仕様比較(Gen.5 vs Gen.8)

iPadの新旧の仕様詳細の違いは次の通り。仕様的にはあまり違いはなさそうです。少しディスプレイが大きくなって、チップが最新化したぐらいの違いの様です。

Gen.5 vs Gen.8 (wifiモデル)

 第5世代第8世代
価格(税込)32GB 41,580円
128GB 53,680円
32GB 38,280円
128GB 49,280円
発売日2017.03.212020.09.18
サイズ240×169.5×7.5mm250.6×174.1×7.5mm
ディスプレイ9.7インチ10.2インチ
チップA9A12 Bionic
重さ469g490g
Wi-Fi802.11a/b/g/n/ac802.11a/b/g/n/ac

iPadを買い替えての感想

実際に新旧のiPadを触ってみると、私としてはほとんど使用感に差がありませんでした。価格も旧モデルに対して安くなっているし、タブレット端末として進化はあまりないのかと思いました。

iPadの買い換えは、おそらくほとんどの人にとっては、バッテリーの劣化がトリガーになるので、ぜひとも5年ぐらいの耐用年数のあるバッテリーに進化してほしいものです。

最近は、家電製品向けに個体電池というリチウムイオンバッテリーに代わるものが開発されており、数年後には主流になっていくものとおもわれますので、次にiPadを買い替えるときには新しい仕様のバッテリーになっていたらうれしいです。




タイトルとURLをコピーしました