VPNの裏技はこちらで紹介 →CLICK!

バーチャルSNS Cluster(クラスター)の楽しみ方3選 スマホがあれば今すぐ遊べます!

近年、仮想空間を利用するバーチャルSNSのブームが到来し、日本国内では「クラスター」というアプリが盛り上がっています。過去のブームでは「セカンドライフ」というものがありましたが、一部のコアユーザー間で大流行しましたが長くは続きませんでした。

ブームが続かなかった大きな理由は、その当時はある程度のハイスペックのPCと通信環境を準備する必要があったことがボトルネックだったと思います。昨今はスマホやVR機器の普及や通信環境の整備の結果もあって、二次ブームとして再び脚光をあびています。

この記事では、クラスターの楽しみ方を解説します。バーチャルSNSに興味を持った方、ぜひ、クラスター内でのフレンド登録お願いします。

バーチャルSNS cluster(クラスタ...
バーチャルSNS cluster(クラスター) 「cluster (クラスター)」は、スマートフォンやPC、VR機器など様々な環境からバーチャル空間に集って遊べる、マルチプラットフォーム対応のバーチャルSNSです。
目次

バーチャルSNSとは

SNSはソーシャルネットワーキングサービスの略称で、WEB上で社会的交流を構築するためのツールでTwitter、Facebook、Instagram、YouTube等が有名どころですが、バーチャルSNSはVR空間で交流を構築するプラットフォームです。

バーチャルSNSが既存のSNSと異なる点は、アバター用いて音声でコミュニケーションを取ることが前提にあり、よりリアルな交流を可能としています。

クラスターへの参加はスマホ or VRヘッドセットから

2020年03月5日の大規模アップデートから、クラスターはスマートフォンアプリでの利用が可能となりました。それまではブラウザでのみ利用可能でしたが、スマホから利用できることでぐんと敷居が下がりました。

しかしながら、クラスターでの活動を100%満喫するには、ちょっとスマホでは物足りない感じもします。具体的には、アバターのリアクション作動がスマホでサポートされてないので、スマホでの利用の場合は、受け身の行動に限定されそうです。

最大限に楽しむためにはVR機器が必要

スマホで少し遊んでみて、興味をもたれた方は、VR機器を購入するかどうか迷うと思いますが、そんなライトなユーザーにおすすめなのは、「Oculus Quest 2」を一択してください。

その利点は、PCが必須でなく、スタンドアローンでの利用がサポートされているため敷居がさがります。また、煩雑なケーブルの接続が必須でないのが良いです。

価格も、他のモデルと比較して廉価となっており、64GBモデルで3万7180円、256GBモデルで4万9280円。

ライトユーザーは64GBで充分と思いますが、大量のコンテンツをハードディスクドライブに保存して利用する場合は、256GBを選択してください。

クラスターの楽しみ方

ぶらぶらワールドに出かけよう

クラスターで活動している人たちの中には独自のワールドを製作して公開している人がいます。そういったワールドに遊びにいくと、同じような参加者と交流することができます。

また、イベント等が開催されているタイミングに多くの参加者が集まるので、気になるイベントをチェックして参加してみましょう。

気の合うユーザーと繋がろう

クラスター内で開催されるイベントに定期的に参加すると、気の合った人たちと出会うと思います。その様なユーザーには、フレンド申請することで繋がることができます。

また、クラスター内の交流ではなくtwitter等のSNSで繋がることができます。プライベートのtwitterアカウントではなくてサブアカウントで交流することも考慮してください。

Twitterのサブアカウントを作る方法は以下の記事で解説しているので是非参考にしてください。

Twitter複数アカウントの作り方 【Gmailのメールアドレスで簡単に作成】

アバターを製作して独自性を出そう

クラスターをさらに楽しむためには独自アバターの製作に挑戦してみましょう。クラスター内でオリジナルのアバターで参加することで、注目を得られる間違いないです。洋服等もカスタマイズできたりします。

アバターの製作にはいろんな方法がありますが、おすすめとしてはVroid Studioというアプリを使うことをおすすめします。このアプリはカスタマイズの自由度の幅が広いのでおすすめです。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる